お客さんから選ばれ続けるブランディングの極意

「ブランド」という言葉から、何を思い浮かべますか?

高価な時計?それとも有名ファッション?

「ブランド=高級品」の印象が強すぎて、「自社には関係ない」と思うかもしれません。

ブランドの語源は、自分の牛と他人の牛を区別するために自分の牛に押した「焼印」と言われています。

自社の商品やサービスを他社のものと「区別するため」のものがブランドと言えます。その目的はお客様に自社を「選んでもらう」ことです。

ブランドをつくることを「ブランディング」と言います。ブランディングは「選ばれる仕組みをつくること」と言い換えてもいいかもしれません。

ブランディングの目的は、お客様に自社の商品・サービスを「選んでもらう」ことです。

どうしたら自社のブランディングをできるか知りたい方
選ばれるためのブランディングに興味がある方は
こちらをチェックしてみてください。

お客さんから選ばれ続けるブランディングの極意

ブランディングの極意

タイトルとURLをコピーしました