【問題】部下の教育はほめるのが正解?しかるのが正解?

より良い人間関係を築くアドラーの教え

突然ですが、
あなたは会社の部下やスタッフを教育する際に、
どのようなに人材教育をしていますか?

A. ほめて育てる
B. しかって育てる

「部下は厳しくしかって育てるべきだ!」
「いやいや、しかるのは時代遅れだからほめるべきだ!」

色々な考え方があると思います。

しかし、シリーズ200万部超えの大ベストセラー
『嫌われる勇気』の著者・岸見一郎先生が言うには、
人材教育をするには、ほめるのもしかるのも
有効な方法ではないそうです。

それでは、一体どうすれば良いか?

その答えについては岸見一郎先生が、
わかりやすい動画講座
『より良い人間関係を築くアドラーの教え』で
教えてくれています。

『より良い人間関係を築くアドラーの教え』の詳細はこちら

もし、あなたが、
子育て・家族・親・会社・上司・部下などの
人間関係に関する悩みを解決して、
より良い人生を手に入れたいのなら、

シリーズ200万部超えのベストセラー
「嫌われる勇気」の著者・岸見一郎先生が
人間関係の悩みを解決するアドラー心理学の
動画講座を手に入れてください。

岸見一郎先生の動画講座
『より良い人間関係を築くアドラーの教え』が
公開されています。

『より良い人間関係を築くアドラーの教え』の詳細はこちら

あなたが、起業家や経営者、幹部社員であるなら、
部下や社員に指示をすることは多いでしょう。

ビジネスやプライベートでも、
人間関係は絶対に避けることはできません。

アドラーが、

「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」

というように、
人間関係の悩みを解決できれば、
あなたの人生も変わります。

そんな『より良い人間関係を築くアドラーの教え』が
公開されています。

ビジネス、会社、家庭、子育てなど
あらゆる人間関係の悩みを解決し、
より良い人生を送りたい!と思うのなら、
ぜひこの機会に手に入れて
アドラー心理学を学んでください。

『より良い人間関係を築くアドラーの教え』の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました