コロナ禍でも選ばれ続けるコーチになるには?

2020年のコロナでの
経済不況以降、

伸びている業界と
厳しい業界、

コロナ禍でも
効率よくビジネスを伸ばす経営者と
伸び悩む経営者、

など、

あらゆる分野・業界で
二極化が進んでいます。

それは、業種による理由
だけでなく、

「コーチング」

市場でも、

売れ続けて
1年間で100人以上の
顧客を抱えるコーチと、

顧客が離れるコーチと

二極化が進んでいます。

コロナで社会が大きく変わって
コーチング市場は
伸びてきました。

それは、多くのビジネスをしている人が
今後のキャリアプランや
ビジネスプランを見直すタイミングに
なり、

価値観を明確にして
ビジネスをしたい、と
考える起業家・経営者が
増えたからです。

コーチングを受けて
ビジネスが伸びた人もいれば、

逆に、価値観が明確にならず
目標も曖昧のまま・・・

という経営者もいます。

コロナの時代になり、
コーチング需要が増えている一方で

実は、顧客の理想の結果を
導き出せるコーチは
残念ながらほんの一握りしか
いません。

顧客のゴールへ導くことができず
悩みも正確に把握できない、

というコーチが多いことも
事実です。

ですので、結果の出せる
コーチに顧客が集中しています。

逆を言えば、
結果を出せるコーチングスキルを持っている
コーチであれば、

今後ますます需要が拡大し
顧客が増えていくことになります。

では、結果を出せる一流コーチは
一体何を行なっているのでしょうか。

それは、
顧客との信頼を築くための
目の使い方であったり、

新しい価値観を
インストールする方法を

顧客に的確に伝え
実践することです。

もしあなたが、
ビジネスでコーチングを行なっていたり、

顧客の結果を導くために
コーチングを取り入れたい
というコンサルタントなら

一流コーチによる
コーチングメソッドを
ゼロから学んでみては
いかがでしょうか。

詳しくはこちらをご覧ください

タイトルとURLをコピーしました