売れるランディングページの作り方

ランディングページとは、縦長の、1ページで完結するホームページのことです。

通販などでよく見るページです。

1ページにすべて情報がまとまっているため、ページ移動をする必要がなく、上から順番に必要な情報を読んでもらうことができます。

ユーザーが迷うことなく申込までたどり着けるため、成約率が高くなる特徴があります。

※ランディングページの例

ランディングページの例

なぜ今ランディングページが重要なのでしょうか?

それには、
「ランディングページは
お客様にとって申し込みしやすい」
という理由があります。

複数のページで構成されたホームページだと
お客様が迷いやすく、
成約に結びつきにくいのです。

その点、ランディングページは1ページ完結で、
すべての情報がページ内に収められています。

上から順にスクロールしていけば、
迷うことなく申込ボタンまでたどり着き、
高い成約率を期待できるようになっています。

オンラインでビジネスをすると
ホームページ上の成約率が売上を大きく左右します。

ランディングページの成約率が

・0.1%から1.0%に上がると
売上は10倍、

・0.1%から2.0%に上がると
売上は20倍

になります。

同じ商品を売っているのに
これだけの差が出るのであれば
誰でも成約率の高い、
売れるランディングページを
活用したくなります。

ところが、多くのサイトでは
「きれいなデザインのランディングページ」であり
「売れるランディングページ」ではない、
という現実があります。

売れるランディングページを作るのに必要なのは、
デザインツールを操作し、
綺麗なデザインを作るスキルではなく、

「Webマーケティング」

のスキルです。

オンラインでのビジネスの核となる、
収益を生み出してくれる

「売れるランディングページ」

を作るためには、
正しいランディングページの型
を学ぶことが必要不可欠です。

もしあなたが

  • ビジネスをオンライン化して収益を上げたい
  • ホームページから思うように売上が上がらない
  • ネット広告を出しても費用対効果が合わない

と思っているなら

是非『売れるランディングページの作り方』を
学んでみてください。

『売れるランディングページの作り方』の詳細はこちら

売れるランディングページの作り方

タイトルとURLをコピーしました