店舗型ビジネスでピンチをチャンスに変えていくには

世界的なパンデミックの影響で
多くのビジネスでルールの変更が起きました。

特に、店舗型のビジネスをしている
起業家・経営者にとっては、

・営業時間の縮小
・経費削減・人件費削減
・規模の縮小
・撤退

など、苦渋の決断をされた方も多いでしょう。

その一方で
好業績を出している起業家・経営者が
いるのも事実です。

対面・来店型のビジネスモデルでは
オンラインへの切り替えや
単価の再設定、来店型から出張型、
デリバリー、コンサル型ビジネス
などへ切り替えが必須になりました。

これまで、とにかく店舗に
来てもらえれば
売り上げが上がる時代から、

今後は、
「家で済ませられるようにする」

という考えが浸透していくのではないでしょうか。

「店舗に来店する=売り上げが上がる」
という前提が成り立たなくなることを意味します。

こうしたシビアな変化とともに
店舗型ビジネスに特化した
マーケティングを取り入れていく
ことが重要になります。

逆に考えれば、

過去のルールが通用しなくなるので
店舗特化型の高収益を得るための
新しいビジネスモデルを学ぶことで
成果を出しやすくなります。

これまでは、
オンラインを取り入れても
うまくいかなかった方も、

一度、ビジネスモデルを見直し、
高収益を得るための
店舗特化型のビジネスモデルと、

店舗型ビジネスに特化した
無料・有料の集客方法を学ぶことで

ピンチをチャンスに変えていくことが
できるようになるでしょう。

→ 『2021年Withコロナ時代の
店舗のWebマーケティング』

タイトルとURLをコピーしました