起業家がマスターしなければならない6つの能力とは

ビジネスで成功するために
一番大事なものは何だと思いますか?

商品でしょうか?
知識でしょうか?
それとも人脈?

もちろんどれも大事ですが、
実は一番大事なのはビジネスに対する
マインドセット(考え方)です。

このマインドセットが弱いとどんなにいい商品や
並外れた知識があっても成功できません。

逆にマインドセットが強いと多少のハンデを
乗り越えることもそう難しくありません。

億万長者メーカーと言われているダン・ケネディは
『不況に強いビジネス戦略』という本で
延々とマインドセットの話をしています。

例えば、
起業家がマスターしなければならない6つの能力
についてこんなことを言っています。

中小企業の経営者と起業家との大きな違いは、
これらの能力のそれぞれに力を入れているかどうか、
そして順番にアプローチしているか、
それとも同時にアプローチしているかである。

6つの能力とは

  1. 魅力的な製品、サービス、特典などを提供する能力
  2. 手頃な価格で顧客を獲得する能力
  3. 最大の利益を得る経営能力
  4. 顧客を維持し、顧客価値を最大にする能力
  5. 価値と資産を創出する能力
  6. 個人的な目標やライフスタイルの目標を達成する能力

です。

そしてこう続けます。

経営者の典型は能力1に70パーセントを注力する。
2には20パーセント、3には9パーセント、
そして4には1パーセントだ。

時間の経過とともにだんだんと賢くなり、
大金を稼ぐようになるとこの割合は変化する。

試合も後半に入ると、5に取り組み始める。
6について考えることはまずない。
もし考えるとすると、それは引退がらみである。

経営者は1だけで満足してしまうこともよくある。

そもそもそれをやるために
(市場戦略をするためではなくて)
実業界に入ったわけだから。

経営者と1以外の能力との関係を
もっと正確に表すと、
2から6までを小さな箱として、
1つの大きな箱に入れた状態だ。

大きな箱には「我がビジネス」と書いてあり、
1がその機能である。

起業家の場合は、この6つの能力の図は
どのビジネスにも「重ね合わせ」ができ、
1つのビジネスから次のビジネスへと
移動しても力を発揮できる。

その当然の結果として、
起業家の関心は1から6の間を
流動的に移動させることが可能だ。

経営者は特定のビジネスに
これらの能力を取り入れようとするかもしれないが、
起業家はこれらの能力を完全に自分のものにして、
今のビジネスの枠を超えて
この能力を使いこなそうとするのだ。

(『億万長者の不況に強いビジネス戦略』より)

もし、商品もあって知識もあるのに上手くいかない。
そんな方はこの本を読んでみてください。

『億万長者の不況に強いビジネス戦略』

タイトルとURLをコピーしました