売れるランディングページの作り方

ビジネスのオンライン化の成功率アップさせる
『売れるランディングページの作り方』は

Catch the Web Asia社が
13年間試行錯誤しながら、
成果を作ってきたランディングページの作り方や
売れるランディングページの最適な活用方法を
約3時間の動画にまとめた講座です。

Catch the Web Asia社では、
1000枚以上のLPを制作し、
試行錯誤しながら収益を上げてきたといいます。

具体的には、
・複数のLPを活用したプロモーションで売上1億円
・有料商品を販売するLPの成約率20%前後を継続
・新規ビジネスでリスト取りLPを作成し広告を打って初月から黒字化
・SNS集客とLPを組み合わせて毎月1,000万円以上の売上
・対面営業をLPでオンライン化し、
 商品提供まですべて非対面で売上1億円

などの成果が出ているそうです。

なぜ今ランディングページが重要なのでしょうか?

それには、
「ランディングページは
 お客様にとって申し込みしやすい」
という理由があります。

複数のページで構成されたホームページだと
お客様が迷いやすく、
成約に結びつきにくいのです。

その点、ランディングページは1ページ完結で、
すべての情報がページ内に収められています。

上から順にスクロールしていけば、
迷うことなく申込ボタンまでたどり着き、
高い成約率を期待できるようになっています。

オンラインでビジネスをすると
ホームページ上の成約率が売上を大きく左右します。

ランディングページの成約率が

・0.1%から1.0%に上がると
 売上は10倍、

・0.1%から2.0%に上がると
 売上は20倍

になります。

同じ商品を売っているのに
これだけの差が出るのであれば
誰でも成約率の高い、
売れるランディングページを
活用したくなります。

ところが、多くのサイトでは
「きれいなデザインのランディングページ」であり
「売れるランディングページ」ではない、
という現実があります。

売れるランディングページを作るのに必要なのは、
デザインツールを操作し、
綺麗なデザインを作るスキルではなく、

「Webマーケティング」

のスキルです。

オンラインでのビジネスの核となる、
収益を生み出してくれる

「売れるランディングページ」

を作るためには、
正しいランディングページの型
を学ぶことが必要不可欠です。

もしあなたが

「ビジネスをオンライン化して収益を上げたい」

「ホームページから思うように売上が上がらない」

「ネット広告を出しても費用対効果が合わない」

と思っているなら

是非『売れるランディングページの作り方』を
学んでみてください。

『売れるランディングページの作り方』の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました