95%のお客に無視される人気店

ドラッカーの「マネジメント力」養成講座

「遊べる本屋」をキーワードに全国展開している
ヴィレッジヴァンガード(以下ヴィレヴァン)
というお店をご存知でしょうか?

ヴィレヴァンは、お世辞にも
万人受けするとは言えない門構えで、
一言で言えば「カラフルでごちゃっ」としています。

まずパッと入り口を見た時に
何を売ってるお店なのかすぐにわからないのです。

店内にはところ狭しと商品が並べられ、
各商品にはスタッフ直筆のレビューPOPが
デカデカと貼られています。

商品はまるでパーティのような装飾が施され、
下北沢店や吉祥寺店などは
「サブカルチャーの殿堂」のような佇まいです。

そんなヴィレヴァンですが、
同社の営業企画部リーダーの方が
最近ある連載コラムで興味深い話をしていました。

「5%の方に思い切り満足してもらえるような店を目指そう。
それによって95%の方に満足されなくても構わない」
と断言していたのです。

このようにヴィレヴァンは
いわゆる「ニッチ戦略」をずっと貫いてきたわけですが、
この数字には実は根拠があります。

彼がかつて勤務していた東京のある店舗では
テナントビルの入館者数や他のテナントの
売り上げも見ることができたそうです。

そこで知った衝撃の事実こそ、
「95%の人がヴィレヴァンを素通りし、
入店率はわずか5%だった」ということ。

確かにヴィレヴァンは、店舗ごとの顧客数こそ少ないです。
売り上げもそこまで大きいわけではありません。

しかし客単価とリピート率アップにフォーカスし、
独自の進化を遂げてきたからこそ
彼らは創業から10年、ニッチ市場で生き残ることができています。

2014年には山形県にも店舗を出店し、
ついに全ての都道府県での出店が完了しました。

「ライバルがいなくなるまでニッチ市場に絞りこむ」
これはかつてドラッカーが言っていた原理原則です。

他がやりたいけどできないことを徹底してやり続ける。
その一貫したこだわりがこれまでのヴィレヴァンを
支えているのかもしれません。

生き残っている企業は総じて、
生き残るための原理原則を知っています。
そしてその原則は今も昔も変わらないのです。

もしあなたが、ご自分の会社や事業について
あらためて見直す時期に来ているのなら、
こちらの講座は間違いなくお役に立てるでしょう。

日本一ドラッカーをわかりやすく教えてくれる
『ドラッカーの「マネジメント力」養成講座』、
ぜひ一度こちらのページをのぞいてみてください。

『ドラッカーの「マネジメント力」養成講座』の詳細はこちら

ドラッカーの「マネジメント力」養成講座

『ドラッカーの「マネジメント力」養成講座』内容

1.ドラッカーは経営の原理原則

2.4つの質問

・事業に関する質問
・管理者に関する質問
・社員に関する質問
・仕事に関する質問

3.3つのマネジメント

・事業のマネジメント
・管理者のマネジメント(事業を実行させる)
・人と仕事のマネジメント

4.まとめ

講師紹介

藤屋 伸二(fujiya shinji)

藤屋マネジメント研究所 所長/差別化戦略コンサルタント

1956年福岡県生まれ。1996年 藤屋マネジメント研究所を設立。

1998年からドラッカーをコンサルティング理論のベースに置く。以後、ドラッカーの著書を183回以上も読み込んで独自のコンサルティング手法を編み出し、200社以上の業績伸長やV字回復を支援してきたドラッカー活用のスペシャリスト。

ドラッカー関連の著書・監修書19冊(5冊は海外でも発行)の累計は181万部を超え、コンサルティング・社員研修・セミナー・講演などを通じてドラッカー活用法の普及活動に努めている。このようなことから「日本でドラッカーを最もわかりやすく伝える男」と言われている。

現在、中小企業経営者向けにドラッカーを活用して業績アップの手法を学ぶ【ドラコン藤屋の経営塾】を主宰している。

 

『ドラッカーの「マネジメント力」養成講座』の詳細はこちら

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

タイトルとURLをコピーしました