1%のセールスマンだけが知っている消費者心理の秘訣

あなたならどうしますか?

ちょっと考えてみてほしいのですが、、

あなたは営業マンで
新たにある「掃除機」の売り込みを任されました。

掃除機

この掃除機は紙パック式。
業界一の吸引力を持ち
他社の製品と比べて小型で軽量です。
さらに音も静かで
しかも紙パック式なので安いです。

さて、あなたならどうしますか?
どうやってこの掃除機を売り込みますか?

恐らく、、

「強力吸引でゴミを残さない」
「小型・軽量でもう掃除で疲れない」
「やさしい音で深夜でも大丈夫」
「紙パックでお手入れラクラク」
このように言うのではないでしょうか?

確かに、商品のベネフィットを表しており
これで買ってくれる人も
ある程度はいると思います。

しかし、これでは良くても
他の営業マンと
同じような売上しか上げられないでしょう。

実はもっと上手に
宣伝する方法があるのです。

もしあなたが、人よりたくさん売って
もっと営業成績を上げたいと思うなら、、
1%のセールスマンだけが知っている
消費者心理の秘訣があります。

その秘訣の一部を明かすと、、

・・・
・・・
・・・

「正直に欠点を言うことで
見込み客はあなたの言葉を信用するようになる」

本当は知られたくないようなことも
隠さずに話せば、
見込み客はあなたの言葉だけでなく、
”あなたという人間を信じる”ようになる。

(『クロージングの心理技術21』より要約・引用)

この本『クロージングの心理技術21』
の著者はそこらにいる
マーケターやコンサルタントではありません。

11歳から広告を作って、
大学では広告学を専攻した広告界の第一人者です。
現在はセールスに関わる
心理学を教えることを専門とするトレーナーです。

そこで最初に戻って、
掃除機のセールスについて
彼ならこのように言うはずです。

========
・紙パック式掃除機なら?

私達の掃除機は紙パック式で、2,3ヶ月に一度
紙パックを取り替えないといけません。
交換をするのが面倒だ、
ワンプッシュでゴミを捨てたい、
という人はサイクロン式でもいいでしょう。

交換するのは一度吸い込んだゴミを
絶対に外に出さないためなのです。

実はサイクロン式では
ゴミを捨てるときに
ホコリが舞い上がって知らず知らずの内に
あなたの子供がホコリを吸い込んで
いるかもしれないのですが。

========

ライバルの商品と比べて
自分の商品には欠点があると言いつつ、
実際にはその欠点がメリットだと
解釈されるように話していますよね。

もちろん、どんな欠点を選ぶのかは重要です、、

欠点をメリットにしてしまう
アイデアはP240にあります…

『クロージングの心理技術21』の詳細はこちら

クロージングの心理技術21

タイトルとURLをコピーしました