お客さんと良好な関係を構築する方法

先日、保険会社の営業の方と
話す機会がありました。

保険営業は、
対面セールスが基本なので、
かなりコロナの影響を受けてるんですが、、、

彼は、今、見込み客が大量にあるらしいです。

もちろん、自粛期間中は、
リアルでの面談が出来なかったので、
売上に悪影響があったのは確かですが、

「自粛が解除されれば、
 売上減少分もすぐに回収できる。
 むしろ、それ以上に、
 売上を上げられる可能性もある。」

と、自信を持って言ってたんです。

その自信の根拠は何なのか?
答えはとてもシンプルでした。

彼は、この自粛期間中に、
アフターフォローとして安全確認の連絡を
お客さん全員にやっていたのです。

「コロナで大変な時期ですが、お元気ですか?」

など、内容は様々ですが、
売り込みの連絡ではなく、
相手を気遣う連絡をすぐに送ったそうです。

すると、お客さんからは、
感謝の返事が来たり、中には、
コロナ前に案内していた保険について
もう一回話を聞きたいと向こうから言ってくれたり、

そういったことの積み重ねで、
今では、自粛明けのアポが大量にあるのです。

だからこそ、自粛が明ければ
すぐにでも売上を上げられると確信していました。

やっぱり、
お客さんとの関係が切れないように
常に良好な関係を保っていた人は、
自粛明けにすぐに売上を上げられるんですね。

逆に、自粛期間に
お客さんとの接点を持てず、
関係が希薄になってしまった人は、
すぐに売上を上げるのは難しいかもしれません…

コロナ前は、
リアルで顔を合わせることできたので、
そこで関係を構築できていましたが、
直接会えないとなると、、、
遠隔でも連絡がとれる方法で
関係を保っておかないと忘れられてしまいます…

お客さんとの関係構築は、
ビジネスの基本中の基本ですが、
ついつい後回しになっていませんか?
(自戒を込めて…)

SNSへの投稿やメルマガ配信、
LINEやメールで個別の連絡など、、、
今からでもできることは沢山あるので、
やっていないことがあればすぐにでも始めたいですね^ ^

遠隔でもお客さんと良好な関係を
構築する方法について詳しく知りたい方は
この本がとても役に立つと思います。

詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました