あなたの会社の強みがわかる8つの質問

・ホームページ、広告宣伝での集客
・セールス
・売上を上げる

これらを達成するために
企業の独自の強みが
必要不可欠だと
聞いたことはありませんか?

ピーター・ドラッカーは
「強みとは何か」について
以下のように語っています。

誰でも、
自らの強みについては
よくわかっていると思っている。

だが、たいていは間違っている。
わかっているのは、せいぜい弱みである。
それさえ間違っていることが多い。

しかし何事かを成し遂げるのは、
強みによってである。

弱みによって何かを行うことはできない。

(『プロフェッショナルの条件』より)

そして、
IBM、マイクロソフト、など
400社以上のコンサルティングに携わり
カリスマ・コンサルタントとして
有名なジェイ・エイブラハムも、

「成功した企業は強力で明確な独自の
強みを持っている」

と自身の著書
「Getting everything
you can out of all 」
の中で述べています。

それにしても
独自の強みを知るためには
どうすれば良いのでしょうか?
簡単に独自の強みを知る方法は
ないのでしょうか?

それは、
”得意客に8つの質問すること”
です。

『説得の心理技術』では、
あなたの会社の独自の強みを
発見する8つの質問が
次のように紹介されています。

1.当社の製品・あるいは
サービスを始めて選んだ時
何を理由に選びましたか?

2.同じ種類の他社製品やサービス
に比べて当社が優れている点は
どこですか?

3.その点がお客様にとって
なぜ重要なのですか?

4.当社以外の企業と取引することを
想像できますか?想像できるなら
どんなものか教えてください。
想像できなければ
その理由を教えてください。

5.当社の製品に決めるまでの
エピソード・プロセスを
教えてもらえますか?

6.お客様を継続的に驚かせる
(喜ばせる)ために、当社が
何をしていると感じていますか?

7.当社の製品を選んだ理由のうち、
お客様の個性にハマったものは
どんな点ですか?

8.当社のサービスを最高にするため、
私たちに何ができますか?

(『説得の心理技術』より)

説得の心理技術

『説得の心理技術』

これらの質問を商品を購入してくれた
得意客・贔屓客にすることで、
競合他社にはない
あなたの会社にしかない
独自の強みが明らかになります。

そして、
この質問から得た回答を
組み合わせることで
ライバルとは一線を画し、
・短期間で低コストでシェアを獲得
・売上を上げる
ことに繋がるメッセージを
より簡単に作ることができるでしょう。

他にも、
・独自の強みをさらに明らかにする
商品解約者への9つの質問
・ホームページに説得力を与える
4つの条件
・顧客に商品を買ってもらう
説得5つのプロセス

など、

対面営業から、広告宣伝まで
ビジネスで幅広く使える
セールス・説得の秘密を
この本『説得の心理技術』では公開しています。
↓↓↓
『説得の心理技術』の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました