同調心理を使って人を説得する方法

人はどういう時に「説得」され、
なぜ「行動を起こす」のでしょうか?

今日はその1つ、【同調心理】を
『説得の心理技術』という書籍より紹介します。

説得の心理技術

グループを相手に説得するときは、
あなたが主張している意見を

ほかの人々の事例や
ほかの人々が示している証拠と
結びつけて提示すると非常に強い効果を発揮し、

「何をすべきか」自信がない人を
行動に導きやすくなる。

(『説得の心理技術』より)

人は無意識のうちに
ほかの人の考えや行動を参考にしています。
特に自信のない時はその傾向が顕著で、

個人的な話ですが僕は、
服のセンスがない(という思い込みがある)ので

例えば服屋さんで

「これ、私も弟に買いました!」

そう言われると安心して、

「あ、それほどいい服なんだ」

と思って購入したことがあります。

自信のない時、人は、
ほかの人がどう行動しているか、
ほかの人がどう思っているか気になるので、

この「同調心理」が、
非常に強力なトリガーとして機能します。

(つまりこれが集団だと、
たった1人が説得され、行動を起こすと、
他の人はそれを見て、
芋づる式に、、、
あとは言わなくてもわかりますね。)

僕の服屋のケースでは、

あまり迷って疲れたくないので、
決断させてくれて助かりましたが、

こういう心理テクを駆使して
人を食い物にする人達もいるので、
くれぐれもご注意ください。

-本日紹介した1冊はこちら-
↓↓
【悪用厳禁】カルト集団の洗脳技術

説得の心理技術

タイトルとURLをコピーしました