与える人が奪われる本当の理由

ビジネススクールとして世界的に高い
評価を受けているペンシルベニア大学
ウォートン校(※名門M7大学の1つ)

そこで、組織心理学者として最年少で
終身教授となったアダム・グラント氏は、
Googleからアメリカ空軍にいたるまで、
10年以上に渡って、組織における
人間の選択について研究してきました。

そんな彼が、著書『GIVE & TAKE』
の中で驚くべきことを言っています。
何かと言うと…

「あらゆる職種において、
成功から最も遠いのは
GIVER(与える人)である」

というのです。

詳しくはコチラ

これは一般的なビジネス書や自己啓発本
に書いてあるのとは真逆の内容ですが、
本当でしょうか?

アダム氏は人間のタイプを

①GIVER:
受け取る以上に与えようとする人

②TAKER:
与えるより多くをもらおうとする人

③MATCHER:
GIVE & TAKE の
バランスを取ろうとする人…

の3つに分けています。そして、
このうち成功から最も遠いのが
GIVER だと言うのです。

エンジニア、医学生、営業職…結果は同じ

事実、カリフォルニア州の
プロのエンジニア160名以上を
対象にした調査では、お互いを

「どのくらい協力的か?」

という観点で評価し合ってそれぞれの
タイプを分けたところ、最も生産性の低い
エンジニアが GIVER だと判明しました。

この GIVER は、仕事の成果、
報告書、製図の数はもちろんミス、
納期、経費のムダ遣いなどにおいても、
最低の点数を付けられていました。

これには理由があって、
他の人の仕事を手伝っているせいで、
自分の仕事を終えられなかったのです。

また、べルギーの医学生600名以上を
調査した結果、成績の最も低い学生は

・人助けが好きだ
・常に相手が何を必要としてるか考える

といった GIVER の資質を表す
点数がとても高かったのです。

そして、この学生もまた、
わざわざ仲間の勉強を手伝ったり、
テストで自分が不利になる事も顧みず
時間をとって教えたりしていました。

営業・セールスについても
例外ではありません。

アダム氏が実施した調査によれば、
TAKER と MATCHER の年間売上は
GIVER の2.5倍もありました。

というのも、GIVER は
「お客さんとって何がベストか?」
を常に気にかけているため
強引に売りつけたりしません。

また、自社の商品が粗悪なもの
であれば売るのをためらいます。
こうしたことが裏目に出るのです。

そう、残念ながら成功から
最も遠いのは GIVER なのです。

最も成功しているのはどのタイプ?

では、様々な職種で
最も成功しているのは…

TAKER でしょうか?
それとも MATCHER でしょうか?

実は、そのどちらでもありません。
アダム氏によれば、なんと…

「最も成功している
タイプもまた GIVER だ」

と言うのです。

詳しくはコチラ

先のエンジニアの調査で、
最も生産性が低いのは
GIVER だったのですが、
最も生産性が高いのも
また GIVER だったのです。

そして、ベルギーの医学生でも、
営業・セールスおいても…
この傾向はあらゆる職種で
共通のパターンとして現れました。

最も成功する人と
最も成功から遠い人が
GIVER である一方で、
TAKER と MATCHER は
そこそこの成果にとどまっていました。

成功するGIVER と 底辺のGIVER…違いは何?

さて、当然ですが
ここで疑問が出てきます。

あなたも気になっていると思いますが、
成功するGIVERと成功の階段の1番下…
つまり底辺で終わる GIVER の違いは
いったい何なのでしょうか?

それは、生まれ持った才能、
要領のよさ、はたまた
懸命な努力ではありません。

ルックスのいい人が成功し、
不細工な人が底辺で終わる
わけでもありません。

結論を先に言うと、これは
「自己利益への関心の高さ」
によって分けられます。

既にあなたもご存知かもしれませんが、
TAKER は自己利益への関心が高く、
GIVER は他者利益への関心が高いです。

ところが、見落としがちですが
”GIVERの自己利益への関心の高さ”は、
人によってマチマチです。

そして研究によれば、この違いこそが
トップと最下層を分けているのです。

長くなってしまったので、
詳細については、リンク先の
ページを確認してみてください。

詳しくはコチラ

PS
生物学者のバーバラ・オークレイは

「無私無欲に他人に尽くし、
与え続けるのは病的な行為だ」

と言っています。
GIVER という生き方を選択するなら、
私たちはこのことを忘れてはいけません…

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

タイトルとURLをコピーしました