自分を「ひっくり返したい」あなたへ

先日、面白い広告を見つけたのですが、
これがSNSやネット上の至る所で
話題になっていました。

個人的にすごく感動したので
シェアさせてください。

※元日の新聞に掲載されたものなので
あなたも見てるかもしれません。

①まず、下の文章を一行ずつ読んでみてください。

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

大逆転は、起こりうる。

わたしは、その言葉を信じない。

どうせ奇跡なんて起こらない。

それでも人々は無責任に言うだろう。

小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。

誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。

今こそ自分を貫くときだ。

しかし、そんな考え方は馬鹿げている。

勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。

わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。

土俵際、もはや絶体絶命。

⬆︎ ⬆︎ ⬆︎

②ここまで読んでくださったあなたへ。

文章を下から上へ、一行ずつ読んでみてください。

逆転劇が始まります…

******************************************************

いかがでしょうか?

これは、そごう・西武の正月広告
「さ、ひっくり返そう。」

幕内最小の力士「炎鵬」を広告モデルに
起用したコーポレートメッセージです。

どうせ奇跡なんて起こらない。
そんな諦めの感情をひっくり返す。
たくさんの人の励みになる素敵な広告です。

それにしても、なぜこの広告は
ここまで多くの人の心に
刺さったのでしょうか?

広告に込めた思いについて、
そごう・西武の広報担当者はこう話します。

生き方すべてにおいて、
周囲からのさまざまな
制約にとらわれてしまうのではなく、

あなたらしくいてください
というメッセージです。

逆境にあっても前向きに生きる
象徴的なお客さま像=『わたし』として、
今回の広告の中の主人公としています。

(「withnews」より)

、、と。つまり、
お客さんを「主人公」として
広告を作っているんです。

◆2つの結末を旅する主人公

『ストーリーブランド戦略』という書籍では

商品やサービスではなく、
お客さんを「主人公」にする
というのは鉄則ですが

一つ感じたのが、
この広告の主人公(お客さん)では

「回避したい結末(バッドエンド)」
「成功する結末(ハッピーエンド)」

の2つの結末を体験できるということです。

*********************************

⬇︎どうせ奇跡なんて起こらない
勝ち目のない勝負は諦めるのが賢明だ

為す術もなく、押し込まれる
土俵際、もはや絶体絶命

(回避したい結末:ピンチ)

⬆︎どうせ奇跡なんて起こらない →信じない
勝ち目のない勝負は諦めるのが賢明だ →馬鹿げてる

大逆転は起こりうる

(成功する結末の暗示)

*********************************

つまり、ちょっとしたストーリーに
なっているんですよね。

人の信念や価値観、思い込みを
変えるのは本来すごく難しいことです。

しかし、これほど真逆の価値観なのに
多くの人に受け入れられているというのは
ストーリーの力があってこそ
なのかなと思います。

ぜひあなたも、
お客さんを「主人公」にして
メッセージを発信してみてください。

もっとお客さんを引き込める
ブランディングができると思います。^^

PS

もしあなたも
お客さんを「主人公」にして
物語の力でファンを増やしたいなら
この本は必読書かもしれません…

↓ ↓ ↓

事業を飛躍させる秘密兵器
ストーリーの7つの要素

ストーリーブランド戦略

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

タイトルとURLをコピーしました