「もっと優秀な人を採用するには?」

中小企業の経営者が行うべきタンデム式面接

”人が第一、戦略は二の次と心得ること。

仕事でもっとも重要なことは
適材適所の人事であって、
優れた人材を得なければ、
どんなにいい戦略も実現できない”

これは、20世紀最高の経営者、
ジャック・ウェルチの言葉です。

人材を重んじていたジャック・ウェルチ。

もし、そのジャック・ウェルチから

「もっと優秀な人を採用するにはどうしたらいいか?」

と相談をされたら、、、

なんと答えるでしょうか?

実はこの質問。

実際にある採用のコンサルタントが
ウェルチ本人から聞かれた質問なのです。

そのコンサルタントの名は、
ブラッド・D・スマート。

優秀な社員しかほしくない社長のための
トップグレーディング採用術の著者です。

では、ブラッドは世界最高の経営者に
どんなアドバイスをしたのでしょうか?

それは、とても単純なものでした。

優秀な社員しかほしくない社長のための
トップグレーディング採用術 P184
=================
ジャック。

私はここ数年、
ワークショップでタンデム式面接を行ってきた。

面接官を2人すれば、
GEでも成功率を上げることができだろう。
=================

タンデム式面接と呼ばれる方法。

面接官2人で面接を行う。
ただそれだけです。

1人よりも2人ということわざがあるように
2人の方がうまくやれるということです。

==================
何千人ものマネジャーが
タンデム式を気に入っている。

互いに補い合えるからだ。

誰かがタッグを組む事で
質問をし、助けあって、深く追求し、
異なった視点からの意見を述べ

偏りを是正し、面接後のメモを分析し、
互いに面接テクニックのフィードバックを与え合い

新しく採用した社員に2人で
フィードバックとコーチングを
提供することができる。

==================

中小企業ではほとんど2人で
面接を行うということが
行われておりません。

しかし、ただ単に面接官を2人にするだけで、
優秀な人材を獲得する確率が高まるということです。

ちなみに、
ジャック・ウェルチは
このアドバイスを
一瞬の躊躇もなく実行したそうです。

それから何年かたった今、
実際にGE社のマネージャーは
面接官を2人にすることで

ハイパフォーマーの採用成功率を
飛躍的に向上させたそうです。

さて、
あなたも世界最高の経営者が受けた
アドバイスを試してみては?

気になる方はどうぞこちらから
チェックして見てくださいね。
↓↓
採用の悩みを素早く解決する

優秀な社員しか欲しくない社長のためのトップグレーディング採用術

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

タイトルとURLをコピーしました