「変わろう」と決意するだけで満足する

なぜ「変わろう」と思うだけで満足するのか?

トロント大学の心理学者、
ジャネット・ポリヴィと
C・ピーター・ハーマンは、

私たち人間の行動心理について
面白い研究結果を発表しています。

何かというと、たとえば私たちが
明日から「毎朝5時に起きよう」と
決めたのに3日も続かなかった時。

月初に決めたことができておらず、
売上目標に全く届かなかった時。

休日に家でゴロゴロして
スマホをいじっているだけで
1日が終わってしまった時など…

要は自分の行動を後悔した時です。

こうした時、私たちは
罪悪感や不安、ストレスで
いっぱいになりますよね。

ところが、一瞬で気分を
晴れやかにする魔法があります。
それは、、、

「自分は変わるんだ!」

と決意することです。

変わろうと決意すれば、私たちは
たちまちホッとした気分になり、
自制心を取り戻すことができます。

「過去に目を向けるのはやめよう。
だって俺は、今この瞬間から
全く違う自分になるんだから!」

…というわけです。

実際、このように決意することで
心は希望に満たされるのですが…

注意してください。

先のポリヴィとハーマンによれば
これは紛れもない「病気」です。

詳細はコチラ
公開は終了しました

タイトルとURLをコピーしました