お客が集まる「パッと見」の威力

「インフォグラフィック」

ってご存知ですか?

インフォ…情報
グラフィック…視覚で訴える

という意味からも分かるように、
これは「情報を視覚化」して
表現したものを言います。

言葉は聞いたことなくても
きっとあなたも
目にしたことがあるはず。

たとえば、
電車の路線図や地図も
インフォグラフィック。

生活の身近なデザインとして
使われているのですが、

このインフォグラフィックが、
最近(個人的に)熱いんです、、!

実はこの前、
こんな成功事例を見つけました。

↓↓

難しいサービス内容を
インフォグラフィックで表現したら、、

インフォグラフィックの例

これは海外の、AI技術を使って
ビジネスの拡大をサポートする会社が

自分たちのサービスについて
インフォグラフィックで
まとめたものです。

難しく見えるサービス内容を、
もっと多くの人に理解してもらいたい!

と考え、インフォグラフィックで
表現したそうです。

すると、こんな驚きの「変化」が、、、

・2年でサイトへの訪問数が4倍。
・1年で見込み客獲得数が2倍。
・主要キーワードでグーグル検索でトップ10入り
・ソーシャルメディアフォロワー数が10倍に。

、、今までのテキストのみだった情報を
インフォグラフィックという、
「視覚」に訴える表現にしただけで

ここまでお客さんの反応が変わったのです。

ちょっとびっくりですよね。

ここまでの変化が出るのは
レアケースかもしれませんが、

いずれにしても
視覚で表現することの
インパクトの大きさが分かります。

さらに

脳科学マーケティング100の
心理技術では

人があるウェブサイトを
魅力的かどうか判断するのに
かかる時間はたったの
20分の1秒だったそうです。

しかも

・20分の1秒で感じた視覚的魅力度は、
その後しばらく見た後の印象と
相関していた。

・視覚的魅力度は、そのウェブサイトが
興味深いか、わかりやすいか
といった他の要素とも相関していた。

という結果も出ています。

つまり、

20分の1秒でウェブサイト全体の印象、
面白いか、わかりやすいか、が
左右されるということ。

(「パッと見」の威力って恐ろしい…)

もしあなたも
サービス内容が複数あったり
理解が難しいものを扱っているなら

「インフォグラフィック」で表現してみると
何か新しい変化があるかもしれません。

テンプレートもネットで調べたら
たくさん出てきますし、

思っている以上にカンタンに作れるので
ぜひチャレンジしてみてみてください^^

PS

このように、
ちょっとした「工夫」を加えるだけで
反応が何倍にも上がる、、
なんてことはよくあります。

コツコツ手探り状態でやるのも
いいですが、それだとお金と時間が
もったいないですよね。

もし、もっと「賢く」集客したい、
売上を伸ばしたい、と思うなら

脳のクセを利用したこの本は
きっと気に入ってもらえると思います。^^

↓↓

脳のクセを利用して
「賢く」稼ぐ100の心理技術

脳科学マーケティング100の心理技術

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

タイトルとURLをコピーしました