あなたの事業を救うストーリーの力

「私、怖くないわ。シスター」。

ミシェルは言いました。「本当よ」。

彼女の目には、この世を去りつつある人が時折見せる、

天使のように穏やかなあのまなざしが浮かんでいました。

それを見て、私は彼女の言葉が真実だとわかりました。

私は、触れれば壊れそうな彼女の手を取り、

自分の胸に押し当てました。

やせ細った彼女の手は、

小鳥の羽のように軽く感じられました。

しっかりとつかんでいないと、

ふとした拍子に天国に向かって

羽ばたいて行ってしまいそうです。

彼女は私ににっこりと笑いかけました。

部屋中が明るくなるような笑顔です。

コヴナント・ハウスにいる子どもたちに

ミシェルの想い出を尋ねると、

一番印象的だったのは彼女の笑顔だ、

という答えが返ってきます。

彼女は、いつも笑顔をたやさない子どもでした。

「シスター、1つお願いしてもいい?」

「いいわよ」。私は答えました。

嗚咽を必死にこらえているせいで、のどが痛みます。

「私が死ぬときも、ここにいてくれる?

こんなふうに私の手を握って?」

「もちろんよ」

私がミシェルに初めて会ったとき、

彼女はすでにエイズに感染していました。

1990年のある晩遅く、

彼女はコヴナント・ハウスの玄関に現れました。

がりがりにやせ、彫りの深い目と

漆黒の髪をした赤ちゃんで、

ついつられて笑ってしまうような、

引き込まれるような笑顔の持ち主でした。

けれども、そのときすでに、

エイズのあの恐ろしい症状が

彼女の身体をむしばみ始めていたのです……。

彼女はよく寝汗をかいて、

眠りながら泣き叫んでいました。

次の朝、目覚めたときには、

シーツは下までぐっしょりと濡れていました。

彼女はいつもコンコンと咳をしていて、

その咳がおさまることはありませんでしたし、

肌が乾燥していくつもうろこ状になったところも、

手の施しようがありませんでした。

私たちは、ここにいる子どもたち全員に

しているのと同じように、

彼女に衣服と食べ物と愛情を与えました。

しかし、今回だけはいつもと少し違っていました。

というのは、彼女の運命は

逆らいようがないものだったからです。

子どもたちも、私も、スタッフも

そのことを承知していました。

遅かれ早かれ、

ミシェルは死ぬ運命にあったのです。

死や死ぬことについて、

彼女は本当にたくさんのことを知りたがりました。

そして、大昔から

神学者や哲学者を悩ましてきたような

質問を矢継ぎ早に私に投げかけました。

どう答えていいのか、

私にはわからないような質問も多くありました。

「シスター、どうして神様は私にこの病気をくれたの?」

「シスター、神様は麻薬中毒の人でも天国に入れてくれる?」

「シスター、神様はまだ私を愛してる?

愛してくれたことが1回でもあったのかな?」

私にできる精一杯のことは、

自分が信じていることを

ミシェルに伝えることでした。

神様はどんな人でも、

分け隔てなく愛し赦してくださいます。

いつも私たちを見守ってくださっているのよ。

あなたがこの世を去るときには、

痛みや苦しみはすっかり消えて、

愛に満ちた神様の優しい腕に抱かれて、

ご両親から一度ももらえなかった

無償の愛に包まれるのよ、

といったことを話しました。

こうしたことを話すと、

彼女は訳知り顔でうなずきました。

「そうよね。私もそうじゃないかと思っていたんだ。

だから、死ぬのは怖くないの。

天国はすてきな場所で、

もう二度と寂しくなったり

悲しくなったりしないと思うの」

「ねえシスター、天国ってどんなところだと

私が思っているか、知ってる?」

「どんなところなの?」。

私は尋ねました。

「コヴナント・ハウスみたいなところだと思うの」

ほんの数週間前に、

私たちはミシェルを埋葬しました。

あなたも彼女と知り合う機会があればよかったのに、

と思います。

きっと彼女を好きになったでしょう。

私にはわかります……。

================

今回紹介した話は
あるセールスライターが

家出・ホームレスの子どもたちを保護する
団体のために書いた(資金調達のための)

セールスレターの一部です。

この話もある意味
売り込みの一部を
担っているわけですが、

率直に言って僕はこの物語に
大きく心を揺さぶられました。

ミシェルのような子どもを助けたい

コヴナント・ハウスや
そこで働くスッタフたちの
何か力になりたい

という気持ちになりました。

きっとあなたもこのような少女を
救いたいと思わずには
いられなかったでしょう。

営利団体であろうと
非営利団体であろうと

事業を運営し、
その事業を守るためには

お金が必要です。

お金を得るには
相手に行動を起こしてもらう必要があり、

行動を起こしてもらうためには
相手の感情を動かす必要があります。

そして人の感情を動かす
一つの技術として

ストーリーを使った
セールスライティングの技術があります。

もしあなたが
ストーリーの力で

人の感情を動かし
行動させ、お金を生む方法に
興味があるなら

その具体的な方法はココに書かれています。
↓↓↓
あなたの会社、あなたの事業を救う力です。

ストーリー・ブランディング

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

タイトルとURLをコピーしました