ネット集客を簡単にする方法

「ネット集客ってどうやるんですか?」

つい先日、独立して間もない起業家の方が
ビジネスの話をしてた時に唐突に聞いてきました。

「ライン@とかよくわかんないんですよねー。」
「細かい作業苦手だし。」
「何から始めたらいいかもわかんない」

と、まくし立てるように
一気に言われたんで、(汗)

僕は一言。
「とりあえずブログやりましょ」

今更ブログ??と
思われたかもしれませんが、

集客にツイッターを使うにしても
youtubeにコンテンツをアップするにしても
ライン@にリスト集めるにしても

“ブログ記事があってこそ
集客に流れと勢いを持たせることができます”

というのも、
あなたのビジネスやあなた自身の
注目を集めるためには、

「あなたがどんな有益な情報を
発信している人なのか?」

と相手にどう見られているかを
意識することが非常に重要です。

有益な情報というのは、
あなたの価値観やビジネスの本質を
伝えることでもあります。

それを文字制限のあるツイッターや
動画オンリーのyoutubeだけでは、
完全とは言えません。

あなたの人柄や言動、
何を考え、どういうコンテンツを
広めたいと思っているのか

それを伝えるには、
あなたのビジネス用のブログが
必要だと思いませんか?

ブログなら文字制限も気にしなくてすみますし
何より情報量が多く与えられます。

記事を一枚書いてしまえば、
その中のコンテンツをツイッターや
他のメディアで再利用することだってできます。

そして、あなたの書いた記事や
コンテンツが評価され
一気にバズったら…

それをいろんなとこで再利用して
リスト集めに繋げることができたら
とても集客が楽になると思いませんか?

ダイレクト出版には
今年発行のラインナップの中で

『熱狂的な消費者を生み出す
「バズる」コンテンツの作り方』

という本があります。

熱狂的な消費者を生み出す「バズる」コンテンツの作り方

この本はどうすれば
バズるコンテンツを作ることができるか?

消費者目線から、どう見られているか。
どんな見られ方をしたらシェアされ、
バズるところまでいたるのか。

徹底解説しています。

そのなかで大切なポイントの1つが
「読まれない壁を超えること」
だと言っています。
↓↓
=================

コンテンツのシェアラビリティを400%増やせる
1つの簡単なやり方があると言ったら
あなたはそれを知りたいだろうか?

ならばこの秘訣を教えるのでよく聞いてほしい。

ひどい見出しを書くのをやめよう。

現在の世界では、描写的で、感情に訴える、
正確な、人目を引く、“ツイートできる”
見出しを作るのは「必須事項」だ。

これはとても基本的な事項だけれども、
多くのコンテンツ作成者にとって
いまだに難題となっている。

見出しは動画や本文よりも重要だ。
それはなぜか?

この世界はざっと目を通す人で
あふれているからだ。

刹那の瞬間に相手の喉元をつかめなければ、
相手を捕らえそこなう。そうなれば、
投稿記事の続きは読まれない。

そこで以下では、〈コンテンツ・コード〉の公式な、
「ブログ記事の見出しの成功事例を集めた
とても役に立つ箇条書き(リスト)」
を紹介する。

・ツイートできる(つまり短い)見出しにする。

8語以下の単語からなる見出しは、
平均よりも21パーセント多くシェアされている
(訳注:単語数は英語の場合の例)。

・描写的で正確な見出しにする。

読者を間違った方向へ導いてはいけない。

・充分に独創的な見出しにして、
コンテンツの選択肢が大量にあるなかで
目立つようにする。

・数字つきリストを引き合いに出して、
ソーシャルな情報伝達を50パーセント増やす

(たとえば、“〈コンテンツ・コード〉から得られる
6つの驚くべき教訓”のように)。

・見出しのなかで必ず何か役立つ情報を提示する。

・見出しにキーワードやフレーズを
1つ含めるようにして、検索エンジンが記事のテーマを判断して、
SEO を支援してくれるようにする。

・あとからの思いつきで見出しをつけてはいけない。

見出しは投稿記事のなかできわめて重要な部分だ。じっくり考えよう。

心温まる言葉もまた役に立つ。

1年間に1000回以上ソーシャルメディアで
シェアされたブログ記事についての研究によれば、

「食べ物」「家庭」「ライフスタイル」のような
“人間味のある”言葉を特徴にした見出しは、

バイラルの効果が世界で上位に入る
コンテンツのうち85パーセントを占めていた。

「ビジネス」「テクノロジー」「ニュース」のような
言葉を特徴にした見出しは、そうしたコンテンツのうち
14パーセントを占めるにすぎなかった。

=================

この本のすごいところは、
普段あまり記事を書かない人や
SNSにあまり慣れてない方でも、

重要なコツさえ押さえていれば
他の人より注目され、シェアされる
記事を書くことが可能になるというところです。

このようなコンテンツの勢いに
火をつける実用的な方法が
あと21個紹介されています。

さらに他にも、、、

P125〜
あなたのコンテンツに勢いをもたらす
熱狂的なファンを獲得する方法

P141〜
14人の世界的マーケターが実践してる
見る人の心を動かす秘訣

などのテクニックも載っています。

お金や時間をかけないで済む
ちょっとしたコンテンツのコツを知りたい方は
こちらをご覧ください。
↓↓
『熱狂的な消費者を生み出す
「バズる」コンテンツの作り方』

バズるコンテンツの作り方

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

タイトルとURLをコピーしました