売り込んで嫌われるのが怖い…

「売るのが怖いなぁ…」
「売って嫌われないかな…」
「お客さんに詐欺って思われないかな…」

あなたも商品を売る時に
こんな事で悩んだ事はありませんか?

こんな感じで悩んじゃうと
どれだけセールスしようとしても
なぜか売れなくなりませんか?

売上を立てないと怒られるけど
売るのに罪悪感があって売れない。

そして売れないからまた怒られて…

という悪循環に
あなたもハマった事が
あるのではないでしょうか。

今日はそんな状態から解放される
セールス思考について
お話しします。

この思考を身に付けることで
商品を売る罪悪感や
恐怖から解放されるでしょう。

この思考は一見すると
当たり前なんですけど、
ノルマに追われると
ついつい忘れてしまいます。

それが、
「相手のために全力で売る!」
という思考です。

あなたも一回
自分に問いかけてみてください。

セールスする時に自分のために売ってるか?
それとも、お客さんのために売ってるか?

もし、自分のために売ってるなら
罪悪感とかが出てくるのは当たり前です。
(僕は自分のために売ろうとすると
本当に売れなくなります…)

でも、もし相手のために売ろう!
と思っていたら自然と売れるようになります。

ビジネスはお客さんの
課題解決が基本なので、

お客さんの悩みを聞いて、
それに対する解決策として
商品を案内すれば
むしろ喜ばれながら商品が売れます。

こういう風に、
相手のために売る時は
無理に売り込まなくても
自然と売れていきます。

なので、もしあなたが
商品が売るのが怖い
と思うなら…

自分はお客さんのために商品を売ってるか?
と自分に問いかけてみてください^^

P.S.
今日はセールス思考について
お話ししましたが、

心理学を利用した
クロージングのコツについては
こちらのページがオススメです。
↓↓
抵抗されずに”即決”を引き出すための
クロージングテクニックとは?

クロージングの心理技術21

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

タイトルとURLをコピーしました