「競争したら負け」

「競争したら負け」

これはペイパルの創業者
ピーター・ティールの言葉です。

ぼくたちは
競争の世界に身を置いています。

来る日も来る日も
競合としのぎを削っています。

ですが、そんな競争も続けていると
だんだん疲れてきます。

・お客さんも集まらないし…
・売上も上がらないし…
・価格競争に巻き込まれて
利益も残らないし…

とうぜん、そんな状態は
長く続けられません。

なので、ぼくたちには
自分たち「独自の売り」が
必要です。

では、どうしたらいいのか?

書籍『1日で3ヶ月分の顧客を集める
市場独占マーケティング』
には
このように書かれています。

*******

競争のない独占市場を築くには

「売り手市場」

を作ることだ。

*******

売り手市場とは

売り手(販売者の数)より

買い手(お客さんの数)が多いことです。

買い手の数は、
どの市場で勝負するか?
でほぼ決まります。

・ビジネス
・健康
・美容

などなど…

需要の大きい市場を選べば
必然と買い手(お客さんの数)
は多くなります。

ですが、これは誰でも想像がつきます。

ポイントは

「売り手」

に注目することです。

お客さんから見て、あなたが

「他の人と瓜二つ」

であれば、売り手が多くなるので、

売り手(たくさん) > 買い手

= 買い手市場
(儲からない市場)

となります。

一方、お客さんから見て、あなたが

「他の人とは違う人物」

に映れば、

売り手(あなた1人)< 買い手

= 売り手市場
(儲かる市場)

となります。

そして、この状態を作るのが
ひじょーにうまいのが

「ハリウッドセレブ」たち。

世界で最も稼ぐ男優の

ジョージ・クルーニーは

映画界でまさに

売り手(自分1人)< 買い手

= 売り手市場
(儲かる市場)

の構図を描いています。

その結果、彼の年収は…

「264億円」

(稼ぎすぎ …w)

今のジョージ・クルーニーは唯一無二。

競争とは無縁の世界です。

こんだけ儲けてる事実を
目の当たりにすると、

「競争したら負け」

というのも頷けますよねw

もしあなたも、

世界で最も稼ぐ男優の
ジョージ・クルーニーのように

「競争のない世界」

に身を置き、

お客さんの数、会社の売上、最終的な利益を
圧倒的に伸ばしたいなら、

一生お客に困らない
「超売り手市場」を作る7つの原則は
おすすめです。

(独占市場を築く方法が分かります)

↓↓↓

一生お客に困らない
「超売り手市場」を作る7つの原則
市場独占マーケティング

市場独占マーケティング

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

タイトルとURLをコピーしました