突然の雨を儲けに繋げるワザ

あなたは雑貨店のオーナーだとします。

突然、大雨が降ってきました。
ザーザー振りです。

天気予報では、
降水確率10%だったのに…。

さて、こんな時
あなたならどうしますか?

あなたにはおそらく
次の2つの選択肢があります。

1つ目は、
帰るまでに止むかな〜と心配する。

2つ目は、
この雨を売上を上げるチャンスに変える。

という選択肢です。

おそらく、ビジネスに熱心なあなたなら
きっと2つ目の選択肢を選ぶでしょう。

では、そのチャンスに変える方法とは?

======================

多くの雑貨店では、
店の奥にラック付きの傘を陳列していること多い。

なぜなら、
雨が売りだした時に顧客の目につきやすい
正面付近にすぐに移動させることができるから。

わかりやすい理由だ。

常に表に陳列したら、
売上は多少伸びるかもしれない。

店全体のことを考えると、
商品の回転率が悪くなる可能性がある。

雨の日だけで傘を正面付近で販売することで
全体の売上に悪影響を及ぼすことなく
傘の販売数を伸ばすことができるのだ。

(『売上が伸びないときに読む本』 P238)

======================

もしかしたら、
すぐにピンときたかもしれませんね。

しかし、この話は、
雨の日の雑貨店だけに
関係のある話ではありません。

======================

デジタルの世界でも似たようなことはある。

リンクドインのような
キャリア関連のソーシャルネットワークは
平日に利用が多く、

インスタグラムのような家族や
友人関連のソーシャルネットワークは夜に利用が多い。

どれも、
ソーシャルネットワークに変わりはないのだが、
時間帯によって訪問者数に偏りがある。

========================

つまり、

Facebookでも、ツイッターでも、
ブログでも、ウェブページでも

もっと成果を上げたいなら
「いつ」という要素を考え、
必要があるということです。

『売上が伸びない時に読む本』の著者は
次のことを考慮すべきだと言います。

・平日対週末
・夜と日中
・季節

ちなみに、、、

ダイレクト出版のあるサイトでは
次のような傾向があります。

・休日よりも平日の方が、
そのウェブサイトからの売上が高い。

・仕事前やお昼休み中といった時間の
Facebook利用率が高い。

・季節によって、売上が変わる。
(特に自己啓発的な商品の売上は、
1月や4月などの時期に高くなりがち)

さて、あなたのビジネスの場合、
どうでしょうか?

もっと売上を上げたいなら、
一度調べてみるといいかもしれませんね。

『売上が伸びない時に読む本』

売上が伸びないときに読む本

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

 

タイトルとURLをコピーしました