お金が会社にない!

===============================
2001年創業の
ゲイリーズ・ファニチャーは、
高級家具の輸入・製造をしている。

15年の間にスタートアップから
中堅企業に成長し、
収益は4200万ドルに達した。

顧客層は拡大を続け、
地理的にも広がり、
この10年は着実に
利益を上げている。

(中略)

あるとき、
細心の財務報告書を
取引先銀行に提出して間もなく、

その銀行から会議を開くので
来て欲しいと言われたときにも、
彼は何も心配していなかった。

しかし、
ゲイリーは知らなかったのだ。

自分の会社が、

”成長しすぎて破産した”

ということを。

(『スケーリング・アップ』 p280より)
===============================

会社の成長期には
キャッシュが必要です。

多くの場合、成長期には
投資が先行するので、
会社からお金が
どんどんなくなっていきます。

もちろん、あとで回収する
見込みがあるからこそ、
利益を我慢し、
キャッシュを投資して
成長をしようと思うわけですが、

事実、成長期の会社経営は

「とても難しい」

と言われています、、、

===============================

さて、利益とキャッシュとでは、
どちらが重要だろう?

あなたが成長企業のリーダーなら、
答えはキャッシュだ。

Amazonの収支が
ほぼ損益分岐点あたりにとどまり、
ときには損失を計上することがあるのに、
繁栄を続けているのもそのためだ。

Amazonのビジネスモデルは
莫大なキャッシュを生み出す
(2013年には30億ドルを超えた)。

それが、急速な成長を支えている。

===============================

では実際に、
キャッシュを回しながら
事業を成長させるには
どうすればいいか?

『スケーリング・アップ』では、
「パワー・オブ・ワン」という、
キャッシュフローを改善させる
とても簡単なテクニックを紹介しています。

「パワー・オブ・ワン」は
「1の力」ということなのですが、、、

財務上の「7つの項目」たとえば、

商品価格や在庫の保管日数、
売掛金回収までの日数や
買掛金支払までの日数、

などを、それぞれたった
「1%」あるいは
たった「1日」だけ
変化させることで、

キャッシュフローを
大きく好転させることができるのです。

例えば冒頭の高級家具の会社
「ゲイリーズ・ファニチャー」の場合、
たった「1」変化させるだけで、
キャッシュフローは30%増え、
100万ドル以上(1億円以上)
好転することがわかりました。

もちろん項目によっては
改善出来ないものや、
場合により1どころか
10も20も改善できるものがあります。

この会社は、最終的に、
7項目のうち3項目は
改善させることはできませんでしたが、

それ以外の項目を
1〜15ポイント変化させることにより、
最終的に約100万ドルの
キャッシュフロー改善に成功しました。

(『スケーリング・アップ』 p297)

会計やキャッシュフローというと、
面倒だったりとっつきにくかったり
というイメージがありますが、

経営者が抑えておくべきところは、
実はちょっとした
ポイントだけだったりします。

そしてそれを抑えておくだけで、
会社の財務状況に大きな改善を
もたらすことができる、
というわけですね。

『スケーリング・アップ』には、
シンプルな数字チェックで
会社の財務を把握し、
コントロールする方法が紹介されています。

『スケーリング・アップ』の詳細を確認する

スケーリング・アップ

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

 

タイトルとURLをコピーしました