社員は差別しろ

2人の社員がいます。

一人は、入社初日から
バリバリと仕事をこなし、
半年でかなりの成果を
上げています。

一方で、
もう片方は意識も低く、
半年たってもあまり仕事を
任せられないような有様…

でも、世間的には、
年功序列の給料じゃないと
いけないような空気だから、

社員に嫌われるかもしれないから、

仕方なく同じ金額の
給料を払ってるけど、、、

優秀な社員には
止めてほしくないから
もっと多くの給料を払いたいし、

だめな社員には
一円も払いたくない…

一度はこんな不満を
持ったことがあるんじゃないでしょうか?

こんな悩みに対して、
何人もの億万長者を生み出し、
今も現役でビジネスのリアルファイトを
勝ち抜いている人物、ダン・ケネディは

「成功したいなら、
社員を差別しろ」と
教えてくれています。

=============

公平性などくそくらえ
社員を平等に扱う必要など無い

”優秀な社員は
そうでない社員や
似たような業界で
似たような仕事をしている人よりも
多くの機会と賃金を得るべきである”

ケネディはこのように言っています。

あなたが社員を雇う理由は、
一も二もなく「利益を生むため」であって、
従業員を養うためではない。

あなたが優秀な社員に
多くの機会と賃金を与えるなら、
あなたはもっと多くのことを
優秀な社員に求められるし、
彼らもそれに答えてくれる。

問題のある社員に
あなたの貴重なお金と時間を
かける必要は全くない。

世間的に間違ってても
稼ぐ社長になるためには
正解のことがある。

(『世界一シビアな社長力養成講座』より)
=============

正直、
社員には嫌われるでしょうし、
キレイゴトばかり言う世間からは
冷酷だと思われるかもしれません。

でも、
もしあなたが本当に成功したいなら、
過酷なビジネスの現場で
勝ち抜きたいと思うなら、

『世界一シビアな「社長力」養成講座』で
ケネディが教える44の情け容赦ない戦略を
手に入れてください。

『世界一シビアな「社長力」養成講座』の詳細はこちら

世界一シビアな「社長力」養成講座

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

 

タイトルとURLをコピーしました