この「攻めた」広告の心理テク

「自由な髪型で内定式に出席したら、
内定取り消しになりますか?」

これは
P&Gのブランドである
パンテーンの広告ですが、、、

これ、
採用広告ではありません!

みんな同じ髪型にしないと
いけない空気感のある就活の現状に
一石を投じる「攻めた」広告なんですが、

この広告は単純に、
シャンプーを売るためのものです。

こういった大企業の
イメージ広告は、

具体的にいくら
売上につながったのか?
ということを測定できないので、
効果がどれくらいあるのかは
わかりません。

なので、
決してそのまま真似してほしくは
ないのですが、

しかし、そこには
確かに効果の実証されている
心理テクニックが使われています…

それは、、、

(『現代広告の心理技術101』より)
バンドワゴン効果

帰属欲求を刺激して
ターゲットにアピールする
広告手法

パンテーンがターゲットにしているのは
就活を経験した女性ですが、

このターゲットは

「就活に落ちたくないから
決められた髪型にして、
本当の自分を隠している」

こんな不満をもっているんですね。
つまり、このターゲットは

・自由な髪型でいる女性
・自分を偽らない女性
になりたいと思っている。

そして、パンテーンはもともと、
「自分らしさをもった女性を作る」
というブランドミッションを
戦略として掲げていて、

「パンテーンは
美しい髪ですべての女性を
応援します」と、

この広告でうまく
ターゲットに共感を示しながら
ブランドイメージを伝えることに
成功しています。

つまり、
パンテーンを使うことで、
自分を偽らない
「理想の人たちの一員」になれると
錯覚する心理が働くような
シカケがあるんですね。

実は、
ファッションブランドのギャップも、
これと同じ手法で
年商1.5兆円にまで成長しました。

ギャップといえば、
若者のファッションブランドとして
有名ですが、

「古き良き文化と決別しろ」と
反骨精神旺盛な若者に
訴えたのと同じ心理技術が

パンテーンのこの広告に
使われています。

これをあなたのビジネスに
応用するのも簡単です。

例えば若手のビジネスマン向けに
整体院をやろうとするなら、

「立っているだけでかっこいい
一流ビジネスマンの通う整体院」

みたいに、理想の人々を
示してあげるだけでいいんです。

ぶっちゃけ、
うだうだ商品の説明をする
必要すらありません(笑

あなたの見込み客が
なりたい集団はどんな集団でしょうか?

この「バンドワゴン効果」を
ぜひあなたのセールスにも
活かしてみてくださいね。

P.S.
『現代広告の心理技術』は
テクニックだけでなく、

今回ご紹介したような
人を動かす心理の原則」を
手に入れることができます。

あなたがこの技術と原則を
手に入れれば、

ありとあらゆる広告の
裏側が見えてきます。

目につく広告が全部
ビジネスチャンスになる
この心理技術に興味がある方は
『現代広告の心理技術101』を
手にとってみてください。

『現代広告の心理技術101』を詳しく見てみる
現代広告の心理技術101

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

 

タイトルとURLをコピーしました