新卒1人を9社が奪い合う?

リクルートが26日発表した
平成31年春卒業予定の
大学生の求人動向調査で、

中小企業で採用が
ますます厳しくなる実態が
浮き彫りになった。

従業員300人未満の
中小企業の求人倍率
(学生1人に対する求人数)は9.91倍。
現在の調査方法では過去最高。

『産経ニュース(2018.4.26)より』

中小企業の間では

求人広告を出しても、人が採れない…

人が採れないゆえに、既存社員への負荷が高まり、
長時間労働が慢性化する…

という問題が深刻化していますが、

このニュースを見て分かるとおり
現在、中小企業への希望者は
求人数のわずか10分の1。

社員を10人採用したくても
応募して来る人の数は
わずか1人という実情があるようです。

さらに平成28年に
中小企業庁から発表された
調査結果によると

中小企業の57%が
人材の応募が無いため
採用が上手く行っていない

というデータが出ています。

人材を確保できない理由

今後ますます加速する採用難。

採用が特に難しい中小企業は
今後どんな採用法を取るべきなのでしょうか??

=================
多くのマネージャーは
広告を使って人材を探す方法を
採用している。

我々が行ったインタビューに基づけば、
確かに求人広告を出せば、
大量の履歴書が送られてくる。

しかしこれは、
正しい候補者の流れを作るという視点では
最低の方法。

候補者を集めるのに最も良い方法は、
あなたの個人的、職業的な
ネットワークの中から
人を推薦してもらうという方法だ。

この方法には
多少のためらいを感じるかもしれない。

もしくは
時間がかかりすぎると感じるかもしれない。

しかし、
あなたの会社に上手く適応しつつ、
与えられた仕事をまっとうする
優秀な人材を獲得するには

これが唯一の方法なのだ(深掘りする必要あり)

『右腕採用職養成講座』
=================

実際300人以上のCEOに行ったインタビューで
彼らの77%は優秀な人材を確保するためには
人から推薦してもらうことが最重要である
と答えています。

人材調達方法ベスト5

この採用(リファラル採用)法を効果的に使えば、

求人媒体やエージェントへ依頼する必要がないため、
採用活動の高額な費用を削減できたり、、、

社内をよく知る人が
その会社に合いそうな人材を紹介するため、
社員の定着率が上がったり、、、

一般的な求人方法では集まりにくい
専門性の高い人材の確保ができたり、、、

します。

もしあなたが

求人広告を出しても、人が採れない…

といったことに悩んでいるのであれば

書籍『右腕採用職養成講座』
p.73〜p.95をぜひ読んでみてください。

「右腕採用力」養成講座

採用難の中でも、
あなたの会社に適した
優秀な人材を確保する方法
が分かるでしょう(^^ゞ

p.s.

===============================
欲しい人材の確保って、本当に難しい。

企業の採用担当をするようになると、
自分の会社に合う人材の確保の難しさを
痛感します。

人材を発掘できるコミュニティをいかに築くか、
そしてその中からの選別、採用。

この本では、難しいコトがとても丁寧に
書かれていて、しかも面白くて読みやすい。

実際に面接・カウンセリングでも使ってみて、
「採用力」だけでなく、「養成力」も
アップさせられるコトが分かりました。

この本に書かれている仕組みを
作ることが出来れば、

ビジョナリーな企業へと成長させることが
可能になると感じた一冊です。

(読者の声)
===============================

『右腕採用職養成講座』の詳細はこちら

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました