マニュアルは悪なのか?

1984年12月1日

ある一人の男が
経営不振に陥る
電話対応サービス会社を買い取り、
経営者となりました。

彼は自分の会社を
アメリカで最高の
電話対応サービス会社になることを
夢見ていまいした。が、、、

物事は期待通りには進まず、
仕事は悪夢のような不規則さ。

私生活はめちゃくちゃで
当時の妻とは離婚。

不況と経営の不慣れが、
彼を破綻寸前に追い込み、

1年目の経営が終わるとき

「アメリカで最高の会社」

という夢は、もろく崩れ去りました。

その後15年間、

彼は次々に起こるトラブルを
何とかしのぎ、

毎日長時間働きましたが、

週の労働時間は常に80時間以上。

それでも何とか暮らせる程度の
収入しか得られず、

重くのしかかるプレッシャーに
彼の心身は壊れかけていました…

このまま同じ働き方をしていたら
いつか倒れる、、、

そう思いましたが、
「あるもの」が彼を救いました。

それは…

マニュアル化です。

彼は会社の全てのシステムを
文書化。

月に20件以上の改善案
もたらした従業員に
最大で月収の30%の賞与を支払う
奨励制度や

マニュアル化のためのマニュアル
発明し、

彼自身が手を加えずとも
従業員が自ら考えて
マニュアルを作成・改善する
企業文化を築き上げました。

結果、彼の働く時間は
週80時間から週2時間に縮小。

中でも
マニュアル化のためのマニュアル

・業務の標準化
・従業員の即戦力化
・コスト削減
・時間の短縮

のPDCAが勝手に回る仕組みで、
彼の会社の収益を
20倍以上に増やしました。

もしあなたが、
少ない労働時間で高い収入を得たい

小さな会社の98%が手をつけてない
この業務マニュアルを使って、

あなたの競合会社と確実に差をつけたい
と思っているなら

このマニュアル化のためのマニュアル
この本『社長の生産力を上げるシステム思考』に倣って
作ってみてください。

最初は少し時間が
かかるかもしれませんが、

実際やってみると
今までとまったく違う世界が
あなたを待っているでしょう。

『社長の生産力を上げるシステム思考』はこちら

社長の生産力を上げるシステム思考術

P.S.

この本の読者からは
このような声が届いています。
================================
会社を経営していますが、
まさに足りなかったのが「システム思考」です。

社長が毎日火消しにまわり、
従業員のケツをひっぱたきながら、
なんとかやってきました。

経営が良くなると思いながら、
一生懸命やってきましたが、
一向に改善されず落ち込むばかり。

でも「システム思考」を取り入れ
実行に移すと
すぐに成果が出始め、

私の時間も増えました。

これからどんどんマニュアルを作り、
夢を叶えます!
=================================

『社長の生産力を上げるシステム思考』

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました