ったく、最近の若者(社会人)は…

バタンッ

若者(社会人)は、全部で10席ほどの
小さな会議室から勢いよく出て行った。

会議室で開催されていたのは、
日報の使い方を教えるセミナーだった。
開始直後にスマホをいじり始めた若者を、
講師は冷静に注意した。

「スマホいじるなら出て行ってください」

どう反応するのか?

周囲が好奇の目を向ける中、
スマホをいじっていた彼は、
椅子にだらしなく座ったまま
こう切り返した。

「じゃあ出ていきますよ」

若者は宣言通り出て行った。
慌てて後を追いかける上司。

「お、おい・・・」

すみません、と若者の上司は
申し訳なさそうに講師に謝りながら、
会議室から姿を消した。

二人はもう戻ってこなかった。。。

* * *

これは僕が目撃した実話です。
正直なところ、面食らいました。

これ、もしあなたが上司だったらどうします?

「ったく、最近の若者(社会人)は…」

と言いたくなるかもしれませんが、
明治時代の文献にも「最近の若者は…」
という記述があり、決して現代の
若者に限った話ではなさそうです。

(考えることはいつの時代も同じなんですね…)

ザッポスのCEOトニー・シェイが
絶賛した書籍『トライブ』によると、

人は5段階の集団のどれかに属し、
それぞれに特徴的な言葉や態度、
適切な対処法があるといいます。

=====
第一段階:全体の2%
反社会的行為も行う人々。町のギャング。
使う言葉は「人生は最悪」「どうでもいい」

第二段階:全体の25%
「私の人生は最悪」
無気力な犠牲者集団。
腕組みをして文句は言うものの、
行動に結びつけることはない。
第二段階はどの企業にも現れうる。
使う言葉は「上司」「無理」「最悪」

第三段階:全体の49%
「私はすばらしいが、あなたはそうではない」
自分は勝たなければならないと考える。
漂う雰囲気は、孤独な戦士の集まり。
いくらチーム作りをしても、
自称スタープレイヤーをまとめることはできない。
使う言葉は「私はすばらしい」
「やった」「やる」「言った」

第四段階:全体の22%
「私たちはすばらしい」
前の段階からの隔たりは大きい。
価値観に基づいた人間関係を構築する。
使う言葉は「チーム」「関わる」「価値」

第五段階:全体の2%
「人生はすばらしい」
世界的な影響を与える
プロジェクトが存在している間のみ。
状況が変わると第四段階に逆戻りもする。
=====

冒頭の若者は第2ステージの
無気力な状態にあると考えられるので、
ここで有効な1つのアプローチは、

第三段階後期の人間と
関係を築くよう働きかけること

です。

=====
第三段階後期の人間とはつまり、
自らを手本として他人を指導するのが
好きなタイプである。

(しかし、自分を超越するような
人間を許さないタイプでもある)
=====

もしあなたの会社に、
自分の能力に自信を持っていて、
人に教えたがるような社員がいれば、
ぜひ第二段階の人との接点を
増やしてみてはどうでしょうか?

本書『トライブ』では、各段階から
上の段階へと引き上げる方法など、
組織について体系化された情報が、
もっと詳しく紹介されています。

組織づくりに悩んでいる方は、
ぜひご一読ください。
読んで損はしないと思います^^

『トライブ』の内容を確認する

P.S.
第二段階でくすぶる人間と
学歴等の優秀さとは、関連性がないと
本書では語られています。

きっと大企業だけでなく、
中小企業でも参考になるでしょう。

『トライブ』の詳細はこちら

トライブ=人を動かす5つの原則=

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました