頑固な人を変える方法

あなたは人に変わってほしい…

なんとかして変えようと
思ったことはありませんか?

ちなみに、、、

僕はあります。

それは先月の話です。

僕の父親は、テレビを
大音量で聴くのが習慣でした。

それも、僕がだいたい集中
モードに入っている20:00時頃。

いつもその時間になると、
大音量でテレビを見始めるのです。

「うるさいから音を小さくして!」と
言ったのですが、
”そんなの知らん”
と言わんばかり
一向にやめません。

父親にとっては、
テレビを大音量で聴くのが、
ストレス発散になるそうで、
自分にとってはいいことだ!と
毎回言われてましたw

力技でリモコンの
音量を小さくしても
また大きくされるので、

毎晩、父のテレビがうるさく、
僕も結構イライラしていました。

今もずっとイライラしてしまうので、
何かいい方法はないか…と探していたところ
2016年から販売されている、
『現代広告の心理技術101』という本を読んでいて、
ある方法が書かれていることを見つけました。

その方法を使うことで、
父親はテレビを大音量で
見ることがなくなり、
帰ってきて仕事が残っている時でも
ストレスなくできるようになったので
僕としてはかなり大成功でした。

では、大音量でテレビを見続け
全く僕のいうことを聞いてくれない
父親にしたあることとは
一体なんでしょうか?

少し考えて見てください。

、、、

、、

答えは、
リランキング
という心理技術を使いました。

リランキング”とは、

”ある物事に対して
特定の感じ方をしていても
新たな客観的な考え方・
データを複数で示されたら
人の信念は変わり得る。”

ー『現代広告の心理技術101』より引用

という新たな客観的な考え方を
データで示すということなんですが、

僕が実際にどのように活用したか?というと、
父親のテレビを大音量がどれほど問題かを、
僕と同じ意見を持つ母親、
弟と結託して父親に伝えたんです。

まず僕の弟が、
テレビは面白いから見るのわかるけど
毎日大音量で見るのは
近所の人に迷惑やし良くない。

それに、テレビを見る人って
認知機能が悪くなるらしいで。と。

母親からは、
あんたは自分が見たいテレビを大きい音で
見てるだけ。周りからは、自分勝手で幼稚
に見える。と。
(※決して父をいじめているわけではありませんw)

こうして、
僕の父親は客観的なデータを提示され、
自分の信念(テレビはストレス解消)を曲げ、
僕たちの意見に素直に賛同してくれたのです。

この心理技術を使えば、
このように人が心から
信じているものを
変えることができます。

なので、もしあなたの商品が
これまでの業界を覆すような商品の場合、
この新たなデータで、見込み客の信念を覆す。

そうすると、一瞬で見込み客は、
あなたの商品こそが一番であると思い
しかもあなたの商品を他の人にも
勧めてくれるようになります。

他にも、あなたの見込み客が、
あなたの商品を心から信用し、
しかも売り込む前から、
自らすすんで商品を買ってくれる。

そんな心理技術が、
『現代広告の心理技術101』には
100個あります。
↓ ↓ ↓
残り100個ある、心理技術の本を詳しく見る。

P.S.
他にも、あなたの製品を欲しいとも
必要だとも思わなかった人に対して
商品に反応してくれる割合を高め、
商品をお客さんが発見し、
売ってないんですか?と
お客さんが、問い合わせをするようになる
心理技術が、こちらのページにあります。
↓ ↓ ↓
お客さんが、心の底からあなたの商品を欲する理由

現代広告の心理技術101

広告の目的は人に行動させること

『現代広告の心理技術101』を読めば、
広告をより効果的にするため、
以下のことを学ぶことができます。

1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

それがわかれば、次のことが可能になります。

1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

著者のドルー・エリック・ホイットマンは、
長年の経験と広告データから

人が広告を見るときにどういう心理が働くか
という広告行動心理を徹底的に研究し、それを

相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック

にまとめました。

この本『現代広告の心理技術101』は、
タイトルにある通り
広告の心理学を追求した一冊です。

『現代広告の心理技術101』の詳細はこちら

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました