[悪用厳禁]カルト教団の洗脳技術?

もしあなたが

・もっと新規客を獲得して売上を伸ばしたい。
・できるだけ有利な条件で取引をしたい。
・部下や社員にもっと積極的に仕事に取り組んでほしい。

といった「人を動かす」ことに興味があるなら
この本『説得の心理技術』はあなたにとって
非常に役に立つ一冊になるかもしれません。


詳しくはこちらから

説得の心理技術

 

不思議に思ったことがありませんか?

なぜ、聡明かつ知的である人が
カルト教団に簡単に操作されてしまうのか?

なぜ、彼らは洗脳されていることに
いつまでも気付かないのか?

そして…なぜ、彼らは
「自らすすんでその道を選んだのだ」
と思い込んでいるのか?

実はカルト教団の操作や洗脳のプロセスには、
危険でありながらもシンプルで絶大な効果を生む
「説得の方程式」が隠されています。

7歳から16歳までの10年間を
カルト教団で過ごし、
著書『説得の心理技術』を書いた
彼は、こう言います。

=============
人を操作するプロは、
9つの方法を使っている
=============

たった9つの方法を繰り返し使うだけで、
簡単に人を操作することができるというのです。

今日はそのうち1つを紹介します。

=============
人を操作する方法②】

カルト教団の操作常習犯はまず
彼らの知識レベルを試す。

質問をたくさん投げかけ、
彼らが抱える問題について、
どれくらいの知識や解決策を持っているのかを見極める。

次に、あえて疑問や議論が起こるような情報を
彼らに与える。

そして、彼らがそれについて質問をすれば、
操作常習犯の思うツボ。

その話題について、
どれだけ自分が詳しく知っているのかを
さらけ出す。

そして、新たな神、新たな宗派について
自信と確信に満ちた態度で、
その筋のエキスパートとして、売り込む。
=============

この方法を、実際のセールスで使うとしたら、
こんな感じでしょうか。

あなたはエアコンを売っているセールスマンだとします。

まずは、見込み客が
エアコンについてどれくらい知識を持っているのか
たくさん質問を投げかけます。

そのあと、あえて反論したくなるような
情報を与えます。

「実は、エアコンって24時間つけっぱなしにする方が、
電気代が安くなるんですよ…」

これに対して、
「えっ、本当ですか?」
「それはないでしょ…」
「うちでは、こまめに電源を切っているんですよ」

と食いついてきたら、こちらの思うツボ。

なぜ、24時間つけっぱなしの方が
電気代が安くなるのか。
ほとんどのエアコンは、電源のオン・オフの
切り替えでかなりの電気代を食っていることを
自信満々に伝えます。

そして、ここから初めて、
あなたのエアコンのセールスが始まります。

「当社のエアコンは、電源のオン・オフ時の
電気代に注目しました。

〇〇機能を搭載したことで、
通常のエアコンの◯%の電気代の
削減に成功しました。
これは、通常のエアコンの20分の1です」

この方法を含む
”人を操作する9つの方法”を
セールスや、ビジネスに取り入れることが出来れば、
きっと大きな成果を上げることが出来るでしょう…

が、、

悪用は厳禁。


詳しくはこちらから

説得の心理技術

 

P.S.
この本を読んだ
お客さんの声を
紹介させていただきます。

====================

心理学はセールスにも
マーケティングにも
必要な要素。

本書は人が説得される過程を
科学的に分解して説明してくれる内容。
心理学というと本屋に、
ズラリと並べてある退屈な
本を思い浮かべますが、
本書は違う。

とても楽しんで読めました。
悪用厳禁ってカバーがまたイイ

===================

詳しくはこちらから

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました