競合より優位に立つコピーの書き方

早速ですが、
質問があります。

次の2つの文章で
あなたが面白く興味深いと
思える文章はどちらでしょう?

=====================

1、我が家で母が
収穫したリンゴを
6個パックで販売します。
すごく美味しいですよ。

2、まもなく、
これまであなたが食べた
リンゴの中で一番ジューシーで
甘くて涎が出そうになる
真っ赤なリンゴを
あなたにお届けできます。

=====================

多くの人は
2の方が面白くて興味深く
感じたのではないでしょうか?

なぜなら、
2のコピーの方が具体的で、
頭の中で簡単にイメージ
できるからです。

当たり前のことを
言っていると思われるかも
しれません。

ですが、
何がこの二つのコピーの違いを
生んだのかを理解している人は
そうは居ません。

言っている内容は
ほぼ一緒です。

どちらも「美味しいリンゴ」
の広告文です。

あなたが2の広告文のように
意識的に広告にパワーを
与えることができれば、
それだけであなたは競合よりも
優位に立てるのです。

なぜなら、
あなた以外の競合は
1のような広告しか
書くことができないのですから。

2の広告に
パワーを与えたもの、、、

それは、
『現代広告の心理技術101』
という本で紹介されています。

現代広告の心理技術101

=====================

あなたのコピーの力を強くする
簡単な方法~PVA~

あなたのコピーによる、
あなたの商品の説明が、
具体的であればあるほど、、、

つまり、
読む人にイメージさせることが
できればできるほど
それは優れたコピーだと言える。

たとえ、あなたの商品が
強豪と似たり寄ったりの商品
であってもこの技術を
マスターすれば優位に立つことができる。

では、優れたコピーと
そうでないコピーの違いは
どこで分けられるのだろうか?

それは、
PVAがあるかないかである。

PVA(Powerful Visual Adjective)とは、
イメージを鮮明にするための形容詞だ。

======================

先ほどの2のリンゴの広告を
もう一度見てみましょう。

『2、まもなく、
これまであなたが食べた
リンゴの中で一番ジューシーで
甘くて涎が出そうになる
真っ赤なリンゴを
あなたにお届けできます。』

商品であるリンゴに具体性を
持たせる言葉つまり、
PVAがたくさんあるのに気付きましたか?

例えば、
「一番ジューシー」
「甘くて涎が出そうになる」
「真っ赤な」
です。

このように商品に具体性を
持たせた広告を
作ることが出来るだけで、
あなたは競合よりも
優位に立つことができます。

この本『現代広告の心理技術101』には他にも、

・お客の目を釘付けにする「ギロチンテクニック」
・絶対にしてはいけない広告のタブー
・お客をトリコにする魔法のかけ方

などが紹介されています。

あなたが、
チラシやセールスレター、e-mail
ダイレクトメールなどで
広告を出しているのであれば、
ご覧ください。

パクって使えば、
効果の出る多くの心理技術を
紹介しています。

興味のある方はコチラ

現代広告の心理技術101
『現代広告の心理技術101』

 

P.S.
この本の読者の声を紹介します。

==================

『一生もののスキル』

実は、何ヶ月も前から、友人に、
「絶対に読め」とすすめられてきたのに、
面倒だからスルーしてたんですけど、
読み始めてすぐ、自分の怠慢を後悔しました。

まぁ、気に入らなければ返品してやろうと、
意地悪な感じで読み始めたんですけど、
「ゴミ、ゴミ、ゴミの山だ」という1行目の出だしから、背筋が伸びました。

本から目が離せないから、
手探りでマーカーと付箋を取り出し、
気づけばマーカーと付箋で本がべったべた。

こんな状態の本を返品したら、
担当者さんはさぞ、
苦笑いされるでしょう(笑)

もっと、
ちゃんとマーキングすればよかったと、
2冊目の購入も検討しています。

この本の教えをすべて、
自分に落としこめて、
実践できるようになったら、
ペン1本でいくらでも現金を生み出せる
コピーライターになれますね。

=======================

興味のある方はコチラ

現代広告の心理技術101
『現代広告の心理技術101』

広告の目的は人に行動させること

『現代広告の心理技術101』を読めば、
広告をより効果的にするため、
以下のことを学ぶことができます。

1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

それがわかれば、次のことが可能になります。

1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

著者のドルー・エリック・ホイットマンは、
長年の経験と広告データから

人が広告を見るときにどういう心理が働くか
という広告行動心理を徹底的に研究し、それを

相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック

にまとめました。

この本『現代広告の心理技術101』は、
タイトルにある通り
広告の心理学を追求した一冊です。

『現代広告の心理技術101』の詳細はこちら

ドルー・エリック・ホイットマンとは

ドルー(別名ドクター・ダイレクト!) は、セールスの背後にある心理学を教えることを専門とする、広告とセールスの世界的に知られたトレーナーかつコンサルタントである。

彼は小さな小売業から何百万ドルもの取引をする巨大企業のために非常に効果の高い広告を生み出してきた。

その仕事はアメリカにおける最大かつ最も成功している企業や組織の多くに使われている。例を挙げれば、アメリカ自動車協会、広告業協会、アメリカ在郷軍人会、Amoco、ファーバーカステル、テキサコなどなどである。彼は現在もフィラデルフィア最大の広告代理店ウェイトマン・アドバタイジング・グループの直販広告部門で仕事を続けている。

『現代広告の心理技術101』の詳細はこちら

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました