起業したばかりの会社は何をすればいいのか?

社長川柳という
企画がありました。
多くの川柳が投稿されています。

そこで、
次のような川柳を
目にしました。

『設備だけ 充実させて お金なし』

この川柳を見て、
とある本のある部分を
思い出しました。
今日はそのことについて
書きたいと思います。

それは、
『大富豪の起業術』に
書かれているもので、、、

アメリカのビールの会社である、
ボストン ビア カンパニー
を創立したジム・クック氏の
エッセイを題材に書かれた部分です。

=====================

「いいか?ジム、
コンピューターがなくて
潰れる会社はない。

本当に大事なことに
取り掛かったらどうだ?」

その言葉で、私(ジム・クック)は
目を覚ました。

それに続けて、
叔父はゴールドマン・サックス時代の
話をしてくれた。

叔父は、電話などを使ったが、
とにかくお客さんの前に行き、
営業をしていたらしい。

そして、最後にこう言われた。

「ビジネスに必要なものは、
コンピューターでも
オフィスでも机でもない。

必要なものは顧客だ。」

====================

これが、ジム・クックのエッセイです。

この話から、
『大富豪の起業術』の著者である
マイケル・マスターソンは、
このような事を言っています。

=====================

彼の叔父の言う事は、
ステージ1(年商1億まで)で
非常に重要な考え方になる。

特に、起業したばかりの
ベンチャー企業の社長は
設備を充実させる事や、
かっこいいロゴを作る事に
注力し営業をおろそかに
する傾向にある。

しかし、
起業コンサルなどをする際に、
私は、設備などの支出を
極力抑えるように
アドバイスする。

その方が、
起業のプロセスを
効率化させる事ができ、
売上を上げる仕事に
注力できるためである。

==================

起業したばかりの会社から
年商1億円に到達していない
企業をマスターソンは、
ステージ1と呼んでいます。

このステージ1とは、
会社にとって幼少期になります。

つまり、まだ伸びていく部分が
たくさんあると思います。

そこで、一番あなたの会社を
伸ばしてくれるのを
助けてくれるのは、
お客さんです。

この本には、他にも、

・あなたのお客はどこにいる?
・事業を成功させるために必要なこと
・商品の適正価格とは?

などが紹介されています。

詳細はコチラ

大富豪の起業術

 

P.S.

この本を読んだ方の声を紹介します。

=====================

『やるべきことがわかります』

ネット通販事業をしています。

この書籍には、
今事業でやるべきことが書かれています。

様々な経営者の方や事業に
関する本を読んできましたが
規模の違いから、実践につなげるには困難な事例が多いです。

しかしこの本は4つのステージに分けて書かれています。

・自分の事業がどのステージに位置しているのか?
・どんな問題が発生しているのか?
・事業を拡大させるために優先してやるべきは何か?

など、今やるべきことが何かがしっかりと書かれています。

特に事業をはじめて1~2年ぐらいで、
何をするべきか迷っている方におすすめです。

いままでの経験と照らし合わせることで、
はっきりと実行すべきことがみえてきます。。

========================

詳細はコチラ

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました