【集客】破ってはいけない10のルール

ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門

これは、
ダン・ケネディの著書
『ダン・S・ケネディの
小さな会社のためのマーケティング入門』です。

この本では、
ダン・ケネディのノウハウを使って
同業者に嫌われるほどの
お客さんを集め、

売上を上げた
「地域密着型・店舗ビジネス」の
経営者の成功事例が
紹介されています。

中身が気になると思うので、
今回のメールでは、

ダン・ケネディが教える
「絶対に破ってはいけない
マーケティングの10個のルール」のうち
特に重要なものを4つ
ご紹介しますね。

 

このルールは
ビジネスに慣れたと思っていても
ついつい破ってしまいがちなものです。

なので、あなたが
今から紹介する4つのルールを
破っていないか、

チェックリストとして
使ってみてください。

もしあなたがすべてのルールを
守っているなら、きっと既に成功しているか
成功する確率がかなり高い状態に
あると思います。

 

―――――――――――――――――――

ルール1:
広告には必ずオファーを入れる

ダン・ケネディなら、
このルールを破ることは「論外だ!」と
言うことでしょう…

ですが、世の中の多くの広告は
このルールを守れていません。

「葬儀屋 清水
電話番号:000-000」

みたいな、
なんのオファーも無い広告が
氾濫しています。

これは絶対に避けましょう。
最低限、

「葬儀屋 清水
今なら”生前葬儀キット”をプレゼント
しています。

お申込みは
000-000にお電話ください。」

と、オファーをつけなければいけません。

 

ルール2:
相手が直ちに行動を起こさずには
いられないようにする

オファーがあっても、
それが退屈なら顧客は動きません。

超一流のコピーライターは
「見込み客は、身体を動かすのが
嫌で嫌でたまらず、
電話もわずかに手がとどかないところにある
状態だと考えろ」と言っています。

あなたのオファーは
そんな見込み客を動かせるものですか?

 

ルール3:
明確な指示を出す

これは、多くのひとが
やってしまう間違いです。

「お電話ください!
このページにアクセスしてください!
ファックスを送ってください!」

など、見込み客が結局何をすればいいか
わからない指示や、

そもそもそんな指示が全くない広告は
せっかく見込み客がほしいと思っても、
それをムダにしてしまいます…

 

ルール4:
データをきちんと測定する

たとえ、1通のハガキで
商品の値段を2000円にしたときに
100個売れて、

商品の値段を4000円にしたときに
20個しか売れなくても、

4000円で商品を買った人が
次に別の商品を買う可能性が
10倍も高い…

なんてことがあれば、
当然4000円で販売したほうが
将来的な利益は高くなりますよね。

でも、このデータがなければ
商品をいくらで売ればいいか
わかりません。

このように、
データを取っているか
取っていないかで、

得られる利益が
全然違ってくるということは
多いです。

あなたは自分の商品の
こういったデータを即答できますか?

―――――――――――――――――――

 

どうでしょうか?

4つともクリアできていたでしょうか?

残り6つのルールが気になる方は
今なら無料で手に入るので、
是非手にとって確認してみてください。

クリックして無料で手に入れる

小さな会社のためのマーケティング入門

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました