「この会社を世界一にする…」

「必ず…
 必ずこの会社をもう一度、
 世界一にしてみせる!」

彼はそう宣言した。

彼の会社は低迷を続け、
存続の危機に立たされていた。

世界経済が停滞し、
多くの会社が、姿を消していった。

多くの人が、もうこの会社はダメだろうと
見切りをつけていた。

彼のこの宣言を聞いて、
株主や業界のアナリストの中には、
鼻で笑うものもいた。

しかし、彼には
「絶対に自分なら出来る」という自信があった。

宣言後、彼はすぐに行動を起こし始めた。

といっても、
商品を新しく開発するとか、
大きな工場を作るというようなことはしていない。

会社の内部に次々と
変革を起こしていった。

すると、、、

たちまち、会社の業績は右肩上がりに
伸び始めた。

もう彼の言葉を鼻で笑うものはいなかった。

誰もが、
彼の一挙一動に目が釘付けになっていた。

そして。
彼の宣言通り、
会社は再び世界一の座を手にした。

有言実行を果たしたのだった。

 

彼の名前は、ジャック・ウェルチ。

世界最大の総合電気メーカー
ゼネラル・エレクトリックのCEOであり、
後に「20世紀最高の経営者」に
選ばれる男だー。

================

さて、ジャック・ウェルチは
果たして何をしたのでしょうか?

停滞を続けていた会社を
どのように立て直し、再び
世界一の企業へと成長させたのでしょうか?

 

彼が行なったこと、それは、、、

会社の目標に”スピード”を導入したこと

これが、会社をV字回復させた秘密でした。

 

ほとんどの経営者は普通、
社員により多くの仕事を、
より長く、より早くやらせたいと
思っています。

そしてその全てが
中途半端に終わってしまいます。

 

しかし、ウェルチはただ
”スピード”を求めました。

生産、顧客対応、営業、会議…

ビジネスのありとあらゆることに
スピードを求めました。

仕事をより早く行なった人には
報酬を与えました。

会社として、
”スピード”を極限まで追い求めることで、
業績を面白いように伸ばしていきました。

 

圧倒的な”スピード”を
ビジネスに取り入れると、

①労働コスト、エネルギーコストを
削減できます

②効率の悪い仕事が
徹底的に削られます。

③社員の労働意欲が向上され、
さらに生産性が上がります。

 

「ビジネスの世界では、スピードが命」

という言葉をよく耳にします。

これを徹底的に追求することで、
本当の意味が見えてくるでしょう。

詳しくはこちらを確認する

 

これは、
『社員を動かす社長のカリスマ仕事術』
の内容の一部です。

社員を動かす社長のカリスマ仕事術

この本には他にも、、、

・リーダーシップのよくある落とし穴
・交渉に成功するための10ステップ
・人々に好意を抱かせ、思い通りに動かす
・有能なリーダーだけが知るコミュニケーション
3つの秘訣

などなど。

あなたの「社長力」を高めるための方法を、
ステップバイステップで教えてくれる1冊です。

ぜひ手元に置いて、経営のヒントにしてください。

詳しくはこちらを確認する

社員を動かす社長のカリスマ仕事術

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました