弁護士が使う”裏ワザ”集客術

これは見る人によっては、
ずるいと感じるかも知れません。

なぜなら、あなたが使う言葉を
少し変えるだけで一瞬で、
自分の意見に信憑性を持たせることができるからです。

これは、別に新しい手法ではありません。
アリストテレスが紀元前330年ごろに
書かれた『弁論術』でもすでに述べられています。

現在でも、凄腕の弁護士が反対尋問で
自分の意見に、圧倒的な信頼を持たせるための
裏ワザとして使われています。

●あなたがもし店舗を経営していて
集客に困っているなら…

この裏ワザを使うことで、
より多くの人に来店してもらえるように
なるでしょう。

●あなたがもしインターネットで
商品を販売しているなら…

インターネットでものを売る時
非常に重要な「コピー」のレベルが上がり、
簡単にものを売れるようになるでしょう。

 

さて、その方法とは何でしょうか?

それは、、

「修辞疑問文を使う」

というものです。

以下
『現代広告の心理技術101』からの引用

修辞疑問文とは、質問に見せかけた
意見のことである。

弁護士たちは、反対尋問をするに
修辞疑問文を使い、相手を追い込み
自分の意見に信憑性を持たせる。

例えば、、

「〇〇石鹸にしてよかったよね?
みんなもそう思わない?」

と言うのが修辞疑問文である。

他の例を紹介しよう。

「もっときれいに洗いたい人、
他にいませんか?」

「『緩和』って字はどう書くんでしたっけ?」

「このチョコレートアイスのために
何をしてくれますか?」

これらは、修辞疑問文を使って
大成功を収めた広告の例だ。

このシンプルな手法を利用すると、
証拠や論理的な意見を示さなくても
説得力ある主張を伝えることができる

修辞疑問文が人々の考え方を変えて
モノを買うという行動に影響を及ぼしている
という研究結果も出ている。

つまり、
お客さんがあなたに注目していない時は、
修辞疑問文を使えば、お客さんの心を
ガッチリと掴み、注目されるようになる。

(『現代広告の心理技術101』より)

修辞疑問文がどんなものか
イメージできましたか?

ポイントは、
お客さんに質問をして
考えさせる
ということなのです。

お客さんを説得するのは
とても大変です。

でも、この方法を使って
お客さんに質問し、考えさせることで
あなたのメッセージは
お客さんの心の中に残りやすくなります。

 

さて、、
あなたの番です。

あなたの売ってる商品、
あなたのやっているお店
が解決するお客さんの悩みは
何でしょうか?

そして、こんな風に
修辞疑問文を使ってみてください。

「〇〇という悩み、解決したいですよね?」

どうでしょうか?
すぐ使えると思いませんか?

『現代広告の心理技術101』の詳細を確認する

現代広告の心理技術101

実践的で時間がなくてもスラスラ読めます。

広告に使われている心理技術と
書かれていたので、実際の仕事で
使いこなせるか不安でしたが、
そんなことありませんでした。

人間の根源的な欲求はどんなもので、
それにアプローチするためには
どのようなことが必要なのか、
その根拠は何かが丁寧に解説されています。

読み物としても面白くて
スラスラ読めるので、
時間がない人でもオススメです。

ざっと読み終えたら、
今度は一つ一つの項目を試しながら
日々の仕事に応用させてみてください。
広告だけでなく、日常的な業務や
お客様の反応、人間関係なども
変わっていきますよ。

これは『現代広告の心理技術101』の読者の声です。

著者紹介

ドルー・エリック・ホイットマン

ドルー・エリック・ホイットマン(別名ドクター・ダイレクト!) は、セールスの背後にある心理学を教えることを専門とする、広告とセールスの世界的に知られたトレーナーかつコンサルタントである。

彼は小さな小売業から何百万ドルもの取引をする巨大企業のために非常に効果の高い広告を生み出してきた。

その仕事はアメリカにおける最大かつ最も成功している企業や組織の多くに使われている。例を挙げれば、アメリカ自動車協会、広告業協会、アメリカ在郷軍人会、Amoco、ファーバーカステル、テキサコなどなどである。彼は現在もフィラデルフィア最大の広告代理店ウェイトマン・アドバタイジング・グループの直販広告部門で仕事を続けている。

『現代広告の心理技術101』の詳細はこちら

広告の目的は人に行動させること

『現代広告の心理技術101』を読めば、
広告をより効果的にするため、
以下のことを学ぶことができます。

1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

それがわかれば、次のことが可能になります。

1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

著者のドルー・エリック・ホイットマンは、
長年の経験と広告データから

人が広告を見るときにどういう心理が働くか
という広告行動心理を徹底的に研究し、それを

相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック

にまとめました。

この本『現代広告の心理技術101』は、
タイトルにある通り
広告の心理学を追求した一冊です。

『現代広告の心理技術101』の詳細はこちら

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

タイトルとURLをコピーしました