[事例]スタバ銀行…?

プリペイド式の
カードである、
スターバックスカード。

総額で一体いくら
チャージされているか
ご存知ですか?

ウォール・ストリート・ジャーナルによると
約1440億円ほどだそうです(!)

スタバカードはもちろん
スタバでしか使えないので、
約1440億円が「預金」されている
ことになりますね。

規模で言えば、
小さい地銀くらいあります。
飲食業界では異例です、、、

つまり、
スターバックスは
かなりの規模で

将来の収入を
事前に手に入れている
ことになります。

ちなみに、
スタバカードによる売上は
あまり普及していない日本でも
13%もあります。

さらに、
スタバカードを持っている人は
当然カードにチャージしたお金を
使わないと意味がないので
定期的に(しかも頻繁に)
スタバに訪れるようになります。

このように
将来の売上を事前に確保して、
継続的な利用を促す戦略を、
スターバックスは
とっているんですが

これは、
「メンバーシップ・エコノミー」と
呼ばれるモデルです。

このモデルの最大の利点は、
毎年定期的に収入が入ってくるので
キャッシュフローがよくなることです。

このような戦略をとることが
スタバが業界一位の売上を
あげている要因の1つかもしれません。

もし、このモデルを
自分のビジネスに取り入れられれば、
心理的に余裕を持てますよね。

特に小さい企業や
個人でビジネスをされている方にとっては、
毎日毎日必死になって商品を売り続けなくても
安定して収入が入ってくるので、
売上目標のプレッシャーに押しつぶされることも
ありません。

リピート客の少なさに
頭を抱えることもありません。

この「メンバーシップ・エコノミー」は、
上に挙げたスタバ特有のものではなく、

コンサルタント業、
旅行業、
飲食業、
など、、、

多種多様な業種に取り入れられています。
企業の規模も関係ありません。
(現にコストコのような
小売業でも取り入れられています)

あなたがビジネスで
収入が安定しない
と悩んでいらっしゃるなら、
「メンバーシップ・エコノミー」を
取り入れてみてはどうでしょうか?

「メンバーシップ・エコノミー」を
あなたのビジネスに取り入れるには、

詳細はこちらをクリック

会員制ビジネス起業術

P.S.
今回紹介した
スタバの戦略は
「メンバーシップ・エコノミー」の
中のポイントサービス型と呼ばれるものです。

他にも5種類の戦略があるので、
あなたのビジネスにあった戦略を
選ぶことができます。


詳細はこちらをクリック

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました