[Quiz]どっちが売れた広告?

ハンドラベラー

ハンドラベラー2

2つの広告の画像を載せました。

これは、2つとも同じ商品を売っている広告です。
商品は、ハンドラベラー。

スーパーの店員さんが特売シールなんかを
貼るときに使う、あれです。

この2つの広告で、売上に大きな差が出たのですが、
どちらの広告が良かったか、あなたは分かりますか?

(ぱっと見で判断してください。
中の文章とかは、読む必要ありませんw)

・・・
・・・
・・・

どちらか決めましたか?
それでは、答え合わせです。

正解は、、、

 

下の方の広告が、売れました。

しかも、10倍以上の差が出たんです…

商品は何も変えていません。
広告を変えただけで10倍の差…
信じられませんよね…

 

なぜ今日、この2つの広告を
あなたにお見せしたかと言うと、
実は上の広告、広告マンの多くが
やってしまっている決定的な間違いをしているのです。

それを伝えるために、この例を挙げました。

 

ほとんどの人がどうしてもやってしまう
決定的な間違い。それは、、、

受け狙いの広告を作ってしまう
という間違いです。

実は、上の広告は、
プロのアートディレクターが作った広告だそうです。

きっとこのアートディレクターは、
これまでに何本も広告を作っていて、
今回の広告を作るにあたって、

「普通の写真を載せても面白くない」
「もっと独創性にあふれたものにしよう…」

とでも思ったのでしょうか?

そして結果的に、
一目見ただけでは何かわからない
イラストが採用され、

ヘッドラインには、

「角に入りー
そこから出てくるガン」

という、とても独創的で ^^;
よくわからない文言が使われました。

 

もしあなたも広告を作ったり、
チラシを作ったりしたことがあるなら、
これ、心当たりありませんか?

●ちょっとオリジナリティを出してみよう
●もう少しひねった言葉を使ってみよう
●クスッと笑うような言い回しを使ってみよう

これは、もしかしたら、
先の例のような間違いをしている
合図かも知れません。

 

今度、広告やチラシを作る前、
自分にこう言い聞かせてください。

広告の目的は、
「気が利いてるな」と思わせることではなく、
「欲しい!」と思わせること。

これ、言葉で言われたら、
すぐ納得できるんですが、

いざ広告を作ろうとすると、
「上手いと思われたい」
というエゴがついつい出てしまうんですよね…

 

広告の目的は、
「気が利いてるな」と思わせることではなく、
「欲しい!」と思わせること

「売れる広告」が「素晴らしい広告」なんです”

これを押さえておけば、大きく外れる広告やチラシを
作ってしまうことはかなり少なくなるでしょう。

・・・

これは、『現代広告の心理秘術101』
という本のp.319に書かれている内容です。

この本には、こういった
広告やチラシを作るときのマインドセットの部分から、
実際に今すぐ使って効果を実感できる
テクニックが101個載っています。

 

そのテクニックの一部を紹介すると、、、

●人が買いたくなるような色の使い方
●ついつい安いと思わせる価格の見せ方
●消費者心理学から明らかになった、
●”驚異的な”ヘッドラインの書き方

とても具体的にまとめられているので、
すぐに実践に移すことができると思います。

 

まぁぶっちゃけ、101個のアイディア
全部使う必要はありません(笑)

この中から、2つか3つ、
良さそうなものを選んで
実際に使って見てください。

その効果を実感できると思います。

『現代広告の心理秘術101』の詳細はこちら

現代広告の心理技術101

 

P.S.
僕のオススメは、p.329にある
驚異的な広告にする46のチェックリスト
ですね。

このチェックリストにチェックしていくだけで、
いつの間にか、反応が取れる広告になっているんですから…

これは、永久保存版です!

『現代広告の心理秘術101』の詳細はこちら

広告の目的は人に行動させること

『現代広告の心理技術101』を読めば、
広告をより効果的にするため、
以下のことを学ぶことができます。

1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

それがわかれば、次のことが可能になります。

1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

著者のドルー・エリック・ホイットマンは、
長年の経験と広告データから

人が広告を見るときにどういう心理が働くか
という広告行動心理を徹底的に研究し、それを

相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック

にまとめました。

この本『現代広告の心理技術101』は、
タイトルにある通り
広告の心理学を追求した一冊です。

『現代広告の心理技術101』の詳細はこちら

ドルー・エリック・ホイットマンとは

ドルー(別名ドクター・ダイレクト!) は、セールスの背後にある心理学を教えることを専門とする、広告とセールスの世界的に知られたトレーナーかつコンサルタントである。

彼は小さな小売業から何百万ドルもの取引をする巨大企業のために非常に効果の高い広告を生み出してきた。

その仕事はアメリカにおける最大かつ最も成功している企業や組織の多くに使われている。例を挙げれば、アメリカ自動車協会、広告業協会、アメリカ在郷軍人会、Amoco、ファーバーカステル、テキサコなどなどである。彼は現在もフィラデルフィア最大の広告代理店ウェイトマン・アドバタイジング・グループの直販広告部門で仕事を続けている。

『現代広告の心理技術101』の詳細はこちら

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました