見込み客の心をグッとつかむ動画コンテンツの作り方

大学を卒業したてのテニスコーチが
「テニスのレッスン動画で1000万稼ぐ」
と言ったら、あなたは笑いますか?

「動画で?そんなのできるはずがない」
「稼ぐのは簡単な事じゃない」
「Youtuberの話?」
「どうせプロのテニス選手の話だろ?」
と、、、

しかし、
これを実現した人がいます。

名前はウィル・ハミルトン。
ウィルは大学を卒業し、
テニスコーチをしていました。

彼はもともと
将来の見通しに不安を抱いていたので
テニスの動画を配信し
Youtubeの動画広告で
生業をたてる予定でした。

しかし、
テニスのようなニッチ産業では
閲覧数も少なく、儲けにはなりません。

次に、彼は
テニスの会員制サイトを立ち上げました。
ですが、これも失敗。
インターネット上のテニスレッスンに
月額でお金を払ってくれる人はいませんでした。

そこで、彼が取り入れたのが
「プロダクトローンチ・フォーミュラ」
という動画を用いたマーケティング手法です。

見込み客に語りかけるような
動画コンテンツを配信し、
関心を引き寄せ、商品を欲しくさせます。

ウィルはこの手法を活用することで
テニスのレッスン動画で
1000万を売り上げ、ファンを作り、
立派なビジネスにすることができました。

「動画編集はできないし、
魅力的なコンテンツは作れない
自分には関係ない話だな」
とあなたは思いましたか?

そんなことはありません。
テレビ番組をつくるわけではないので
スマートフォンやカメラの動画機能でも
動画はつくれます。

そして、あなたにも
ウィルにとってのテニスのような
得意な趣味や特技がありませんか?

例えば、
登山、釣り、ギター、料理、ペットの飼育、
絵画やランニング、将棋、農業など、、、
幅広いジャンルでこの手法は活用できます。

では、どのような動画コンテンツを作れば
見込み客の関心を引き寄せられるのでしょうか?

テクニックを、2つほど紹介しますね。

ひとつは、
ハリウッド映画や「ハリーポッター」、
「ロード・オブ・ザ・リング」のように

序幕、中幕、終幕の三幕構成の
戯曲のようなスタイルをとり、
分けて動画を発信します。

ドラマや映画の続きが気になるように
コンテンツを飽きさせず、
続きを心待ちにする状態にすることで

「お願いだから買って!」と売りこまず、
自ら「続きが知りたい」「今すぐ欲しい!」
と感じさせるのです。

そして、もうひとつ。

店頭やネットでの販売と同じですが、
そもそも胡散臭く思われたり
信頼できないと、商品を購入する気にも
ましてコンテンツを受け取ろうとも思いませんよね?

そこで、あなたとあなたの商品の
信頼度を高める6つの方法です。

1.チャンスを示す:
自分が販売する商品で
人生や暮らしが変わることを説明する

2.ポジション:
耳を傾ける必要性を示す

3.教える:
チャンスについて長々と話す必要はない。
価値を提供する。

4.問題提起をし、それに対する解決策を示すか、
次の動画で解決策を教えると約束する:
商品がなんであれ、問題点はある。それに
正面から向き合わなければならない。

5.次の動画の予告:
次の動画について告知をし、
学べる興味深い内容をほんの少し紹介して
興味をかきたてる。

6.行動を促す
ローンチ関連ブログやソーシャルメディアに
コメントを寄せて欲しいと促す。

(『ザ・ローンチ』p131より)

ウィル・ハミルトンの
動画コンテンツを例に出すと

「チャンスを示す」
座って動画をみるだけでテニスが上達する。

「ポジショニング」
取材許可をとってテニスコートで
プロのテニスプレイヤーを取材。

「教える」
大会の舞台裏を見せる。

「問題提起をし、それに対する解決策を示す」
動画で上手くなれる理由として、
プロは戦法・戦術の改善で上達する。
上達しない人はテクニックにこだわる。

などなど、
このように6つの方法を当てはめ
動画コンテンツの中身を作っていき
権威性を強め、信頼度を高めています。

以上、2つの方法は
コンテンツへの関心をグッと引き寄せ
あなたへの信頼を高めます。

メルマガやブログにも使えるので
試してみてはいかがでしょうか。

もし、あなたが
・趣味や特技で稼ぎたい、起業したい
・「プロダクトローンチ・フォーミュラ」をもっと知りたい
・会社の新商品をテスト販売するときに試したい
なら、書籍『ザ・ローンチ』をチェックしてみてください。
一生使えるノウハウがあります。

『ザ・ローンチ』の詳細を確認する
ザ・ローンチ

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました