1日12時間労働が「週2時間」に?

もし、あなたが…

・このままの状態で働き続けると体が持たない
(今の働き方で10年ごも続けられるイメージがない)
・売り上げを伸ばしたいが、これ以上働く時間を増やすのは体が無理だとわかっている。
・自分が働かなくても売り上げが上がる仕組みを作りたい

と思ったことがあるなら、この話は役に立つかもしれません。

「いくら時間があっても仕事が終わらない」
「いつ帰れるかわからない」
そんな状態が毎日続いていたのです。

毎日、業務に追われ
クライアントからの苦情
スタッフのスケジューリング
採用面接に新規クライアントとの契約
仕事が終わるころにはいつもクタクタ。

疲れ果てて、家に帰ると
ベットに倒れこむだけ。
そして、次の日の朝を迎える。

昼も夜も働き
破綻寸前までの状態に追い込まれた時もあったが
なんとか、切り抜けてきた。

しかし、とうとう従業員の給与が
全額支払えない時が来てしまった。

払えない給与支払日の前日、
ベッドで眠れずにぐったりしている時。

「自分の会社は何が問題なのか」に
気づくことができたのです。

その問題を解決するために
ほとんどの仕事をやめて
たった1つのアイディアを取り入れました。

すると、毎日突発的に起こる問題や
クレームに対応することはなくなり
仕事をする時間も以前に比べて大幅に減りました。

また、今までやっていた仕事も
従業員ができるようになり、社長がいなくても
会社が回るようになったのです。

実はこの話、
『社長の生産力を上げるシステム思考術』
に書かれている、実際の話なのです。

彼が毎日12時間働いていた状態から
ほとんどの仕事をやめ、
ある1つのアイディアを取り入れると
最終的に働く時間は
「週に2時間」になったのです。

また、従業員のミスが減り
従業員が効率よく働くことができるようになったので
会社の収益も20倍以上になったそうです。

彼の仕事の時間を
1日12時間から「週2時間」に激減させ
会社の収益も20倍以上にした
仕事に追い込まれた時に見つけた
アイディア。

それは、
「マニュアルを作る」
ということです。

でも、ただのマニュアルではありません。

マニュアルと言うと、
マクドナルドやトヨタのような
大企業が、誰でも一定の質の仕事ができるように
文章化されたものを思い浮かべるのではないでしょうか?

しかし、
今日あなたの紹介したいのは
ただのマニュアルではありません。

あなたの貴重な時間を使って、
かつ最大の効果がでるようなもの、
それは、

「マニュアルを作るためのマニュアル」

を作ることです。

あなたが1つ1つマニュアルを
作るのも骨が折れまし、

いくらマニュアルを作って
システム化するといっても
ずっとあなたが作っていては本末転倒です。

そこで、
それを見れば誰でも
マニュアルを作れるような
マニュアルを作るのです。

そうすれば能力が高く、
価値の高いあなたの時間を
レバレッジをかけて有効に使えます。

では、そのマニュアルを作る際には
どういったプロセスで、
どういうことに注意して
作れば良いのでしょうか?

もっと詳しく知りたい方は
こちらをご覧ください。


『社長の生産力を上げるシステム思考術』の詳細を確認する

社長の生産力を上げるシステム思考術

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました