毎月継続課金の事業を始めたい人へ…

毎月自動的に流れ込んでくる継続した安定収入。

これがあればビジネスはおもいっきり変わります…

想像してみてください。

あなたが持っている会員制ビジネスから、
毎月毎月、安定した収入が入ってきます…

たとえば2月1日の時点で。
3月1日の時点で。

その月にたとえ新規の顧客を一人も獲得できなくても、
一切の営業活動をしていなくて、
新しく1つも商品が売れなくても、

一定の収入がその月に入ってくることが
すでに「約束」されている、
ということです。

それだけではありません。

来月も再来月も、
6カ月後であっても、、、

将来入ってくる収入がある程度「予測」できるので、
目先の心配が大幅に減って、
安心して先のことに取り組むことができます。

そうなれば例えば、

新しい商品を作るために時間やお金を使うこともできますし、
新しく優秀な人材を雇って事業を拡大したり、
あなたの右腕になれるようにじっくり育てることもできます。

あるいは一気に投資をして「会員数」を増やすこともできますし、、、
たまには仕事のことはすっかり忘れて、
南の島でゆっくりすることもできるでしょう。

なぜなら次の月も、
またその次の月も、

どれくらいの収入が入ってくるかが
「既にわかっている」からです。

コストコという大型スーパーをご存知でしょうか?

実はコストコは、
会員制ビジネスを取り入れて大成功した典型的な例です。

そのコストコが取り入れている手法が、

「メンバーシップ・エコノミー」です。

これは、
AmazonやNetflixのように
月額や年額の料金を支払うことで、
サービスを受けられる
というビジネスモデルです。

コストコのモデルでは、
お客さんは、年間4000円で
コストコの会員になることができます。

会員になると、
高品質な食品や日用品などを
割安の価格で買える
というものです。

このようなモデルのおかげで、
3800億円の利益のうち
およそ8割の2900億円が
継続的な会費によって
もたらされているんです。

このモデルの最大の利点は、
毎年定期的に収入が入ってくるので
キャッシュフローがよくなることです。

コストコはこのモデルを採用して、
2014年に世界小売業ランキングで
2位におどり出ました。

もしこのモデルを
自分のビジネスに取り入れられれば、
心理的に余裕を持てますよね。

特に小さい企業や
個人でビジネスをされている方にとっては、
毎日毎日必死になって商品を売り続けなくても
安定して収入が入ってくるので、
売上目標のプレッシャーに押しつぶされることも
ありません。

この「メンバーシップ・エコノミー」は、
上に挙げたインターネットビジネスや
小売企業だけではなくて、

コンサルタント業、
旅行業、
飲食業、
など、、、

多種多様な業種に取り入れられています。
企業の規模も関係ありません。

あなたがビジネスで
収入が安定しない
と悩んでいらっしゃるなら、
「メンバーシップ・エコノミー」を
取り入れてみてはどうでしょうか?

「メンバーシップ・エコノミー」を
あなたのビジネスに取り入れるには、

クリックして詳細を確認する

会員制ビジネス起業術

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました