即決させるセールスマン

あなたはひとつの買い物に
最長何時間かけて
悩んだことがありますか?

家や自動車など
価格が高いものは
相応の時間がかかるものですが、

自分にしっくりくるペンやノート
調理器具やスポーツ用品、
寝具、スマートフォンなど

些細な身の回りのものを
選ぶときにも悩んだ経験があると思います。

という私もつい先日、
コーヒーを美味しく入れるため
プレス機を買おうとお店に立ち寄り
どれがいいのかと
腕を組んで30分ほど悩んでいました 笑

実店舗だけでなく
ネットショップも同様で
Amazonや楽天などで
カートに商品を入れたまま
放置してしまったりしますよね。

悩んだ末、買わなかったりと、、、

さて、
裏を返せば、商品を販売している
セールスマンや販売員の立場からすると

「悩んだ末、買わない」とか
「安い方に流れてしまう」など
頭を抱える問題ではないでしょうか。

時間をかけて説明しても、
いくら商品の良さを伝えても、

最終的に買い手の気持ちに
フィットしない限りは
売れはしないでしょう。

そこで、
見込み客の迷ったり悩む時間を短くし、
セールスを簡単にする方法を紹介します。

いくつかありますが、
そのひとつが
「比較の力」を使うことです。

例えば、
あなたはイタリア料理店の
料理人だとしましょう。

包丁を新調するとして
プロとして成功したいあなたは
どちらを選びますか?

=================
A. 三つ星シェフが使っている包丁
B. 特徴のない量販店の包丁
=================

Aを選ぶのではないでしょうか?

さらに、、

「他の店とは違う」
「プロだからプロが使ういい道具を」
「(有名なシェフ)が愛用する理由は…」
と一言添えがあれば、

悩むどころか、期待を込めて
やや価格が高くてもAを選択するでしょう。

(コーヒーのプレス機にも
「◯◯のバリスタがおすすめ」
と書かれていたら
私もそちらを選んでいたでしょう)

このように、
”商品の特徴”だけではなく
”商品をとりまく集団”を
(アマチュアとプロ)
比較させることで

「悩んだ末、買わない」とか
「安い方に流れてしまう」を防ぎ
購入の即決につなげることができます。

商品を購入することで
プロ集団と肩を並べることができるとわかれば
お客は自らあなたの商品を選ぶでしょう。

見込み客が所属する業界のプロに
レビューをもらい、
セールストークに組み込むなど、

「比較の力」を
使ってみてはどうでしょうか?

詳しくはこちらをクリック

クロージングの心理技術21

 

P.S.
今回の「比較の力」を用いた
セールススクリプトや、

セールスを簡単にする方法が
他に20個も載っている

『クロージングの心理技術21』はこちら

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました