あなたならどうする?

年商7兆2,936億円。
従業員数7万人。
社歴128年。

これは日本生命の会社概要です。

もし、あなたがこれから生保業界に参入するとしたら、
どうしますか?

保険だけでなく、
どの業界でも大手企業があるため、
自分の業界で考えてみてください。

なお、日本生命は、7万人のうちの
7割である5万人が営業部員で、
顧客1人1人のために
保険を1から作り上げるサービスを
強みにしているので、顧客満足度が高く、
売り上げを上げています。

しかし、その強みである営業部員が
「弱点」となってしまい、
踏み込むことができなかった
市場があるんです。

その市場とは、なんでしょう?
あなたの業界にもあるかもしれません。
大企業の強みを弱点にし、
売り上げを上げ、安定した収入が手にはいる市場、、、

それは、インターネットです。
インターネットを販売の場にすると、
5万人もの営業部員が不要となります。
そのため、日本生命はインターネット市場を
諦めなければいけなかったのです。

そして、その「弱点」に目をつけて、
インターネットの市場で
生保業界に新規参入した企業があります。
それが、ライフネット生命です。

ライフネット生命は、
従業員の人数が、100人ほどしか
居ないのに毎月平均で13.8%もの成長率を誇っています。

これは、
ライフネット生命が、
大企業の踏み込めなかった利益の出る
市場を見つけることができたからなのです。

『ニッチ戦略の教科書』にはこうあります、、、

「巨人の足元をすくう戦略」

ビジネスモデルを工夫すれば、
大企業が参入したくてもできない状態を作ることができる。

「参入したいが、参入できない」

そんなジレンマを大企業に感じさせ、
参入を遅らせる、あるいは諦めさせる
ジレンマ戦略には4つのタイプがあります。

その一つが、、、

大企業の強みを足かせにさせる

という戦略です。

まさにライフネット生命は、
大企業にとっての
「足かせ」に目をつけ、

そこに特化することで、売り上げを上げ、
継続的な収入を得ることができたのです。

巨人の足元をすくい、
小回りのきく中小企業ならではの
戦略で成功する方法は、
ほかにも3つあります。

それは、、、

『ドラッカーに学ぶニッチ戦略の教科書』

ドラッカーに学ぶニッチ戦略の教科書

ドラッガーの本は難しいという印象があるかもしれません…
この本の著者はドラッカーの本を
日本一わかりやすく伝える藤屋伸二氏です。

ドラッガー関連の著書はこの本で、10冊目。
関連本の累計は、247万部を超えます。

日本では、10万部売れればベストセラーと呼ばれます。
ドラッカーに関しては日本で右に出る人がいないほど有名な人なので、
もしかしたら、あなたもご存知かもしれません。

その藤屋氏が継続的に儲かるビジネスモデルである
ニッチ戦略の作り方を書いた本です。

この本には、ワークシートが同封されているので、
誰でも簡単に、競合を引き離す戦略を作ることができます。

この本は、日本の事例や図、ワークシートなども多く
読みやすい本です。

ドラッカーの「マネジメント力」養成講座

ドラッカーの本は
読みづらい
わかりにくい…
良いことは言っているけど、実践できない…

という事に悩む方には

藤屋伸二氏の動画講座
『ドラッカーの「マネジメント力」養成講座』

もオススメです。

動画講座『ドラッカーの「マネジメント力」養成講座』

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました