好業績と働きやすさは両立できるか?

ビジネスを大きくするには、
人材が非常に大切ですよね。

1人で拡大できるビジネスには限界がありますし、
1人で全部の職務をすることも限界があります。

なので、
ビジネスをより成長させるためには、
良い人材を採用するだけでなく、
彼らが定着するような企業文化が不可欠です。

ですが、
いくら成果が一番重要だからといっても、
業績第一主義の文化のもとでは、
従業員がきわめて働きにくい場合があります。

「業績重視」「最底辺の労働相場作り」
「説明責任」「目標設定」
「積極的な経営手法」といった言葉は、
ビジネス上は好循環かもしれませんが、
人的犠牲が大きくなりかねないのです。

そうなれば、
個人の精神的負担が大きくなり、
離職率が高まり、社員のモチベーションも
上がらないでしょう。

実際、そんな会社は多いのです。

そうならないためには、
どのような企業文化を作ればいいのか?

幸い多くのブループリント企業*では、

高業績を目指しながら人材を育成しようとする
企業文化が一番だとされている。

たとえばトラクターサプライでは、
高業績を目指しながらチームを大切にするという
微妙なバランスを懸命に維持し、
10億ドル企業を突破した。

そのバランスのための工夫について
会長のジョー・スカーレットに聞くと、
「自分の業務時間の半分以上をコーチング、
指導、キャリア計画、研修に費やしている。

店頭で従業員や顧客と過ごすことも大切にしている」
と話してくれた。

スカーレットが常に“従業員を満足させよう”と
努力しているのは、
従業員の満足度が顧客満足度に直結するからである。

本書のためにさまざまな企業について調査し、
数多くの人々にインタビューした結果、
高業績の探求と人材を大切にする文化は、
両立できると確認している。

実際には、それらを備えた企業や組織は、
生産性が最も高いだけではなく、
個人がやりがいを感じている。

個人的に学んだのは、大いに賢く、
けれど熱心に働く方法はいくつもあることである。

企業は、そのような働き方を奨励すべきである。

たとえば懸命に働き、全力で遊ぶように勧めれば、
集中力や生産性が高まる。

ただし休息や休暇についても
考慮しなければならない。

そうすれば核分裂のような強大なエネルギーが、
組織横断的な素晴らしいチームワークから
生まれるはずである。

企業勤務の経験のある人に、
そこで働くことの何が一番よかったか、
あるいはよいかを聞いてみればいい。

きっと高業績チームメンバーとしての
経験と言うだろう。

*10億ドル(1000億円)企業に成長した
成功の共通パターンを持った企業のことを
「ブループリント企業」と言います。

(『1000億円企業の7つの要件
ビリオン・カンパニー』より)

ビリオン・カンパニー

このようにあなたの会社の人材に
長く働いてもらうためには、
従業員満足と業績達成の正しいバランスが大切です。

素晴らしく持続可能な企業文化を作り上げ、
人材の育成と高業績の達成を両立できなければ、

あらゆる面での成長、
しかも驚異的な成長を
達成するのに欠かせない人材を
集められないということです。

なので、一度あなたの会社の今の企業文化を
考えてみてください。

そして、もし業績と
働きやすい環境のバランスが
悪いようなら、
少し考え直す必要があるかもしれません。

そうすることが、
人的資源、つまり企業が必要とする
本当に優秀な人材を採用して離職を防ぐことに
つながるということです。

 

P.S.
今日紹介したのは、
小さな会社から
売上が10億ドル(1000億円)以上に
急成長した会社が共通して実践していた
優秀な人材を採用して定着させる秘訣です。

他にも、アイデアを価値にする方法、
売上を一気に増やして継続する方法、
顧客との強い絆を作る方法、
驚異的な利益率を達成して市場価値を高める方法
など、

小さな会社が
大きな成功をつかむためにしていた
成功パターンがあります。

その成功パターンをあなたが知ることで、
あなたも会社も驚くべき成長を遂げることが
できるでしょう。

なので、この本
『1000億円企業の7つの要件
ビリオン・カンパニー』をすぐに読んで、
あなたもすぐに実践してみてください。

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

タイトルとURLをコピーしました