PR

モノを買わせる心理技術

あなたが最近、
何かを買ったときのことを思い出してみてください。

何でもいいのですが、その中に急にほしくなって、
つい衝動買いをしてしまったものもあるかと思います。

僕も最近、ある靴が買いたくなって、
思わずその場でネット注文をしてしまいました。

そんなふうに衝動的に買ってしまったものに対して、
「いや、これは実際に必要なものだし、とてもいいものだし」というように、
あとから自分に言い聞かせたりしたことはありませんか?

もしくは家族や友人に「何でそんなもの買ったの?」とか
「同じようにものを持ってるのに」などと言われて、
「いや、必要なものだし、いいものだから」などと説明したことはありませんか?

実際には衝動買いだったのに、
あとから「必要なものだ」「いいものだ」と正当化したということは、
思い出してみるとけっこう少なくないのではないかと思います。

これこそがまさに、人が物を買うときのパターンなのです。

つまり、
「人間は感情でものを買い、理屈でそれを正当化する」ということです。

まずは感情でものを買ったあとに、
それは本当に必要なものだったのだと自分に対して正当化するわけです。

だから人にモノを売る経営者・マーケッターは、
常に人間心理を学ぶ必要があるわけですね。

⇒ 『クロージングの心理技術21』

クロージングの心理技術21

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。