なぜ脳科学を活用すれば成功できるのか?

39秒で相手の脳を決断させる3ステップ

現代の人の脳が記憶できる時間は
わずか39秒と言われています。

これはスマホ等のデジタルデバイスが
発達したことにより、

人間は昔ほど多くの情報を記憶する
必要がなくなったことが原因です。

しかし、

多くの人は自分の言いたいことを
一方的に伝え、多くの情報を
相手に与えようとします。

その結果、
相手は情報を処理仕切れず、
ほとんど何も伝わっていなかった
ということも。

つまり、

ただあなたの伝えたいことを
一方的に喋ったとしても、
現代の人の脳には伝わりません。

ではどうしたら良いのか。

今回、
39秒で相手の脳に直接訴え、
決断させる方法が公開されました。

その方法はこちらで
確認することができます。

詳しくはこちら

 

この方法を学べば、
39秒という短い時間の中でも
相手に伝えたいことを伝え、
さらに行動まで促すことができます。

今回、脳科学の活用法を公開してくれる
脳科学マーケティングの第一人者の、
遠藤 K.貴則先生は、

「39秒あればものは売れる」

と言います。

遠藤先生は今まで全世界3,000人以上の
犯罪者や精神患者に対し、
治療、更生を行ってきました。

治療を受けた患者の中には、
先生の脳科学マーケティングを学び、
不動産業界で大成功した方もいます。

遠藤先生の脳科学マーケティングは
決してビジネスだけに
特化したものではありません。

親、夫婦、恋人との何気ない会話、
友人とのおしゃべりでも、
相手に決断を促す機会は数多くあります。

脳科学を利用し、
相手に上手に決断を促す方法を学べば、

コミュニケーション能力も
自然と上がります。

すると、
今までよりもさらに人間関係は良くなり、
プライベートでも大きな成功を
手にすることができます。

あなたも最先端の
脳科学マーケティングの活用方法を学び、

ビジネス、プライベートでの
成功を手に入れませんか?

あなたの理想とする人生をあゆむ為に、
今すぐこちらをご覧ください。

詳しくはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました