バーチャルCEO

社長を雑務から解放して
アルバイトに引継ぐ前代未聞の
『1人バイト総務部立ち上げサービス』。

そんな変わったサービスがあります。
※ヒーズ株式会社が提供

簡単に言えば、

「雑務は全て時給1000円のアルバイトにやってもらい、
社長が社長業に集中できる体制を3カ月で整えますよ!」

というものです。

確かにこういうサービスは
今の時代に必要なのかもしれませんが、
利用する場合は注意が必要です。

なぜなら他人に業務を
任せるということは同時に
リスクを背負うことにもなるからです。

・この業務を他人に任せたら
顧客や見込み客との関係に
どんな影響がでるだろうか?

・コスト優先ではなく、会社として
達成したい成果を一番に考えて
委託を決断しているだろうか?

少なくともこの二点を考慮せずに
仕事を他人に任せるのは大変危険です。

ちなみにこの二つのポイントは
今回ご紹介する本『バーチャルCEO』
に書かれている内容です。

もしあなたが今後、会社の業務の一部を
外部に任せていこうと考えているなら、
この本に是非目を通しておいてください。

『バーチャルCEO』の詳細はこちら

バーチャルCEO

『バーチャルCEO』目次

PART1 自由を手にするために【採用・教育編】

CHAPTER1 影響力を可視化する
探し方と採用のコツ、バーチャル・アシスタントを雇う前に、知っておくべきこと

CHAPTER2 育てる
VAのトレーニングでつまずかないためのテクニック

PART2 VAを役立てる【管理・運営編】

CHAPTER3 VAの管理
チームの生産性に大きな差が出る体制作り

CHAPTER4 国内か海外か
メリットとデメリットを比較する

CHAPTER5 バーチャルチーム
次のレベルへ行くためのスキル

CHAPTER6 コンテンツ・マーケティング
競合相手に差をつける一番のカギ

PART3 VAとともに成長する【実践編】

CHAPTER7 いざ実践!
自由を手に入れるための道のりを歩み始めよう

 

この本『バーチャルCEO』には、アウトソースを活用して、ビジネスや売上をアップさせる秘訣が盛りだくさんです。この本を読み終わるころには、あなたバーチャル・アシスタントをうまく活用する秘訣だけではなく、「働きすぎでストレス過多の起業家」から「自由でエネルギッシュな起業家」へと変わっていくための青写真がきっと見えているはずです。

『バーチャルCEO』の詳細はこちら

著者紹介

クリス・ダッカー

クリス・ダッカーは、アウトソーシングやバーチャル・スタッフ問題の第一人者として大きく注目されている「バーチャルCEO」(バーチャル・アシスタントを活用して、効率よくビジネスを運営する経営者)だ。

英国出身の連続起業家(訳注:シリアル・アントレプレナー。新しいベンチャーを次々と立ち上げる起業家)で、2000年以降はフィリピンで暮らしている。

現在はコールセンター、VAの斡旋サービス、スタートアップ起業家のためのコワーキング・スペース(訳注:異なる職業の人々が同時に利用できる共有オフィス)と3つの事業を運営しながら、数々の国際会議で基調講演を行い、ブロガー、ポッドキャスターとしても活躍している。

これまで電子書籍は多数出版してきたが、本書は、著者にとって初の「紙」の書籍となった。
アウトソーシング業界で10年以上にわたり、何千人ものバーチャル・スタッフと仕事をしてきた経験や知識が、すべてこの本に集約されている。

現在も、家族とともに暮らすフィリピンでビジネスを営みながら、世界各地を飛び回って忙しい日々を送っている。

もしよかったら、Twitter で著者(@chrisducker)に直接連絡をとってみてほしい。いつでも歓迎している。

『バーチャルCEO』の詳細はこちら

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書

月刊ビジネス選書は
12,000名以上が試している
会員制ブックサービスです。

月刊ビジネス選書に参加すると
選りすぐりのビジネス書を
電子書籍で読むことができます。

電子書籍アプリに付いている
本の読み上げ機能で、
耳から本を読むオーディオ学習ができます。

さらに今なら
あなたのビジネスに役立つ5冊を
無料でもらえます。

月刊ビジネス選書 無料でもらえる5冊

『月刊ビジネス選書』をチェックする

ビジネス書を読むときのコツ

ビジネス書を読むとき
最初のページから最終ページまで
全ての内容を読もうとする必要はありません。

本に書いてある内容はあくまで
あなたのビジネスに役立てるための
ツールだからです。

今あなたが困っている課題を解決するアイデアを
探すように読んでみてください。

役に立つアイデアが見つかったら
本を読むのを中断して
すぐにそれを行動に移してみてください。

そうすることで、買った本を
ただの読み物で終わらない
生きた情報にすることができます。

タイトルとURLをコピーしました